2008年04月22日

お金がないのは辛いです…


----【PR】-----------------------------------
 ★このブログが書籍化されています!★

 ■こまった派遣〜としぞう〜
 ■ハケンガシゴト〜としぞう〜
--------------------------------------------
★「僕の(私の)出会った人々の逸話」
  随時募集中!⇒ryuga825@hotmail.co.jp
  お仕事相談も気軽にメールくださいね!

ランキング激動中
 しっとりと更新してみる。

-----------------------------------------------


今から10年ほど前。
初めて一人暮らしを始めた。

全然お金なんてなくて、
部屋にあったのは実家から持ってきた
テレビと洋服ダンスだけ。

洗濯機も冷蔵庫もなかった。

最初に買った家の物は、
洗濯機でも冷蔵庫でも炊飯器でもなく、カーテンだった。

カーテンがないとあんなに丸見えになるんだと、
あの時初めて感じたのを思い出す。

次に買ったのはやっぱり炊飯器。
お米が炊けるのと炊けないのとでは
全然食費の減りが違うと気付いた。


家賃4万円の1DKは
それほど新しくもなく、広くもない。

でも、なんというか解放感はすごく得られて、
その代りにやたらと孤独感に苛まれたのを覚えている。


お金がなくて1週間ほど
卵かけごはんだけで過ごしたこともありました。


そのころから比べると、
ずいぶんと生活も安定し、贅沢にはなった。
それでも一般的なサラリーマンを比べると
まだまだ収入的には安定しているとは言えないが、
明日明後日のご飯を心配する必要はなくなった。



この仕事をしていると
本当にお金って大切だと思います。

むやみやたらと借金をすることが
どれほど生活を脅かすことになるのか、
反面教師たちからいやってほど見せられます・・・。



ランキング参戦中←がらっと変わってきている!?


20代も前半のころ。
冒頭に書いたように、本当にお金がなかった。

生活すらちゃんとできなくて、
家賃を3か月滞納なんてこともあった。

その頃って、お金を返済することばかりを考えてて、
何をやっていてもなんというか解放感はなかった。

正直、あんまりにもきつかったので
サラ金なんてものにも手をだした。


すると、一時の現金が手にははいるから、
多少の生活レベルがアップする。


しらずしらずにね。


で、また月末になると返済が来る。

返済が近づいてくると、
何も考えられなくなってきて
返済のことばかりを考えだしてしまう。



結局、つもりつもった借金は
サラ金だけで100万円を超えるようになり、
月々の返済額も15万円ぐらいになってしまった。



もうね、こうなるとあれです。
仕事しててもお金の心配ばっかり。

電気とかばんばん止まっちゃうんですよ。
当時、携帯電話が出始めのころだったんですが、
これもびしばしとまっちゃうわけです。

とまっていることが恥ずかしくて
友達とかにも電話番号を教えられないんですよね、ほんと。



悲惨ですよ、これ。

完全に実体験ですけど(苦笑)



僕の場合は、この頃ちょうど
ともだちから昼間の仕事とは違う
夜のアルバイトを紹介してもらって、
そっちで月15万円稼げたんで返済できたんですけど、
1日の睡眠時間とか半端ないほど少ないんですよね。


9時から19時までは昼間の仕事。

その後、21時ぐらいから翌3時ぐらいまで仕事。

今だったらできないですけど、
当時はお金を稼ぐことに必死です。


もっとうまいこと稼ぐ方法もあったんでしょうけど、
20代前半の僕は、あらゆる面で無知でしたし、
へんてこりんあプライドだけ高くて、
どうしようもなかったわけです。



さて、そんな僕も
今では立派な(?)会社員です。(←つっこみは聞きません)



一歩間違えば、
今頃本当に大変なことになってたでしょうね。



幸せって人それぞれですけど、
絶対的に必要になってくるのは
大切な人の健康的な生活レベルを
一定に保てることだと思っています。

それはもちろん、お金だけじゃないですけど、
お金が必ず必要になってくることは事実です。



この仕事をしていると、
大抵家庭が不幸だと思っちゃう人の多くは、
前借を必ずと言っていいほどしていますからね。

手取りの収入が人と比べて少なくても、
自分の思っている最低限の生活レベルより上であれば、
他人がどう言おうがそれはそれで結構幸せです。


そう思ってしまう人も、
派遣スタッフの中には多くいます。


逆に、沢山お金を持っていても、
周りの友達の中の数人はとても不幸に見えます。




幸せの基準は人それぞれ。




でも、必ず必要なものが2つあります。



大切な人がいて、大切にされていること。

その大切なものを守れる生活レベルを
自分の中とその大切な人と共有できていること。




感謝し、感謝され、
守り、守られる環境の中で
僕たちは幸せでいられるのかもしれません。





お金は大切です。


そのお金を稼ぐのは、
資金的に恵まれていない限り労働以外ありません。

労働の方法はさまざまですが、
資金がないのであれば、肉体労働か、頭を使うか、
そのどっちかか、もしくはどちらもフル回転させて
しっかりと稼ぐことが重要だと思います。



繰り返し失敗しながらでも、
一歩ずつ進んでいくしかないわけです。




このブログに登場するとんでもない人。

その多くは、何らかの形で
一所懸命泥臭く「労働」することを
へんちくりんな「価値観」や「プライド」で
「誰かのせい」にしながら気づかないようにしている気がします。

その根底には何があるのかわかりませんが、
過去の僕から推測するに、甘えん坊以外のなんでもない。


あ、そうでない人もいますよ。


でも、そうでない人の方が少ない気がします。
この業界にいると、本当にそういう人をよくみます。


まだまだ人のことをとやかく言えるもんでもないですが、
最低限、自分の大切な人たちに、しっかりとした
生活を送れるような基盤だけは確保していきたいものです。




お金がないのは辛いです。

経験しているんで、余計そう思います。



財布に100円しかないのに、
仕事がない時の恐怖は、想像を絶します。



そうならないよう、
今の仕事をまずはしっかり取り組みたい。

その上で、プラスアルファを確保できる
そんな生活基準を作りあえげていければと思います。




みんなはどうなんでしょう・・・?


スポンサードリンク

人気ブログランキング
みなさんの応援が僕のやる気の源です!応援のクリックをぜひともお願いします!

メルマガやってます!
実録!派遣会社の裏の裏!そのまた裏のつぶやき!?

 
Posted by としぞう at 00:23│Comments(23)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryuga825/51266763
この記事へのコメント
ステキです。
当然。社会人として必最低限な知識と思います。
・・・が、やはり世間には色んな個性?を持った方々・・・
としぞうさんの言葉で、仕事に対する気持ち、社会人として必要な
心構えに気がつく方が一人でも増え、幸せになれればいいね♪
Posted by じゅん at 2008年04月22日 01:01
こんばんは。

いろいろ考えさせられますね。
借金ってなかなか減らないんですよね。

しかし世の中いろんな人がいるものです。
Posted by jan at 2008年04月22日 02:04
そーですか、お金が無いと砂糖を舐めてもキムチを食ってもからいんですか!
オチなしはさみしいのでつけておきました♪
Posted by デル at 2008年04月22日 04:26
全くお金が無いわけでも、いざと言う時助けを求める先が無いわけでもないですけど、
妊娠・出産でしばらくはどうがんばっても働けない自分にかなり恐怖しますわ。

今まで全部自分で決めて行動して来た人間なので、
他人に人生を委ねる様な感覚に病んでしまいそうな時があります。

これはこれで問題ですよねぇ・・・。
Posted by ぴぬ at 2008年04月22日 11:17
改めて、考えさせられました。
少なからず、お金のない経験はしてきたつもりですが、
今の生活が当たり前すぎて、ハッとしました。

こういう考え方を教育していく派遣会社ってあるんですかね〜?
Posted by ターパン at 2008年04月22日 12:27
なるほど、それに気がついたとしぞうさんは幸運なのかも知れませんね。
気付くか気付かないかは本人の考え方しだいですよきっと。
ところで派遣法に何か動きがあるらしいですね、、「日雇い派遣」「違法派遣」「専ら派遣」など色々規制が変わるなどの話が、、。

いつかとしぞうさんの見解でもでもきかせてくださいな。
Posted by ルー at 2008年04月22日 13:25
経済的に厳しい家庭で育ちました。両親はいつもお金のことで言い争いをしていました。貧乏は慣れっこ,でも『貧乏くさい』環境がいやでした。
今はお金の心配がありません。夫の安定した収入と素敵なご近所さんのお蔭で,慎ましく暮らせてます。

娘達に「お金」を教える時がきました。タイミングよく『山田太郎ものがたり』が再放送されています。ああなれとは言いません,でも山田家家訓がとても笑えて核心をついているので娘二人と唱和しております^^
Posted by みっちゃんママ at 2008年04月22日 13:25
私もお金がなかったころ卵が買えませんでした(笑)
スーパーのキャベツや大根の売場に捨ててある葉っぱを
「ペットの餌に」と店員に断って頂いて来た事も度々ありました。
(何も買わず…笑)
今は派遣ですが仕事に少し欲が出てきました(笑)
人間関係がややこしく感じられる様になりました(爆)
仕事は嫌いじゃないけど会社が疎ましく感じられる事も…
でも明日はやってくるんですよね。
泣いても笑っても返済の日はやってくるんですよね。
大切な人…こうやって無事に今日を向かえる事が出来るのは
『孤独ではない事』じゃないかと思っているんです。
一人で頑張ってるつもりでも人は一人じゃ生きていけませんしね。
店員が捨てるつもりのキャベツでも分けて貰えなかったら
『世の中って冷たいなあ』って思ってたかもしれませんしね(爆)

今でも貰ってますよキャベツ(笑)
いつ仕事干されるかわからないし
根っからの貧乏性なので(笑)
Posted by げら at 2008年04月22日 16:26
としぞうさん、こんばんわ♪
大好きな唄があります♪
http://www.youtube.com/watch?v=LsOoOg6RTdI&feature=related


Posted by たそがれ圭太 at 2008年04月22日 20:29
>沢山お金を持っていても、
>周りの友達の中の数人はとても不幸に見えます。
>
>でも、必ず必要なものが2つあります。
>大切な人がいて、大切にされていること。
>
>その大切なものを守れる生活レベルを
>自分の中とその大切な人と共有できていること。

|-`).。oO( ケンカ売ってますね。これはw)
Posted by あかべりー at 2008年04月22日 21:52
大変な経験をされてきたのですねぇ…。

人材派遣の仕事って、優等生よりも、仕事をサボりたく
なる人の気持ちがわかる人、お金に困る等“負”の経験
がある人の方が向いているという気がします。
Posted by 異色派遣わーかー at 2008年04月22日 22:00
pochiなんてね〜〜!毎日夕食は納豆にお味噌汁だけだよ〜ん。でも、満足。それに、ころころメタボです。病院はこの10年間にたったの2回しか行ってません、それも、各1日づつ、歯医者は20年間行ってません。私はこの生活レベルで健康を維持できる自信大有りです。なんの感想にもなってませんね。はい・・すいません。
Posted by pochi at 2008年04月22日 23:38
私が今まさにそんな生活です!!夢を追いかける為、前職を辞め、安い時給の派遣社員。月末が来ると、怖くなります。でも、ある日実家の母が「お金無いってよく言ってるから、どんなにギスギスした顔してるかと心配してたけど、前職に就いてた頃より生き生きしてる。」と、大泣きされました。
「お金が無い」と友人に素直に甘え、周りの親切を素直に受ける事、少ないお金を上手に使ってクリエイティブに生きる事を学びました。
Posted by 小鳥枝 at 2008年04月23日 19:27
そうですね…
普通に生活出来るありがたさったらないんですよ!忘れがちですけどね。


自分の時間は大事にしてます。
働くために生きてる訳じゃないしー。




自分は事業所長ですけど給料は20万ありません。成果業績給なんて大嫌いだ!
Posted by ラヴィヤン at 2008年04月23日 20:36
>じゅんさん

なんでもいいので
一生懸命やってみる。

最近そう思いながらも
できな自分にかなしくなります・・・。


>janさん

こんばんわ!
10人10色とはよく言ったものですw
Posted by としぞう at 2008年04月23日 23:27
>デルさん

あはははw
オチのないのもたまにはw


>ぴぬさん

わからんでもないですw
婚姻届、いよいよですね!

近くを通ったらあかちゃん見にいきますね!w
Posted by としぞう at 2008年04月23日 23:28
>ターバンさん

僕もまだまだなんですけど、
いろんなスタッフさんを見ていると
ふと考えさせられることがありますね。


>ルーさん

4月から大幅に変わってきていますね。
細かいところはまだまだ勉強中ですが
読んでると、どうも納得いかないことも・・・。

機会があれば更新します!

ところで、このブログ。
同業他社とスタッフさん、
どっちが読者として多いんだろう・・・。
Posted by としぞう at 2008年04月23日 23:30
>みっちゃんママさん

山田太郎物語ですか!?
知らないんで調べてみます!


>げらさん

貧乏性は悪くないですw
ぼくも貧乏性ですねwかなりw
Posted by としぞう at 2008年04月23日 23:31
>たそがれ圭太さん

見ましたw
哀愁漂う曲でしたw


>あかべりーさん

べりーさんにケンカ売ったら
ぼっこぼこにされるんでやめておきますw
Posted by としぞう at 2008年04月23日 23:32
>異色派遣わーかーさん

当時は必死でしたねw
それでも、それなりに遊んではいましたw
危機感が基本的にないんですよ、僕w

だめだなー・・・。


>pochiさん

健康的ですねw
うらやましいですw
Posted by としぞう at 2008年04月23日 23:34
>小鳥枝さん

でも、イキイキしてるんなら
それでいいと思いますよw

当時の僕はやりたいことを探すより
今まさにその瞬間のお金が必要でしたw


>ラヴィヤンさん

働くために生きちゃいないけど、
働くことでえらるものも実生活で役に立つ。
バランスをとって生きてみたいですw
Posted by としぞう at 2008年04月23日 23:35
そんな生活を経験した人間にしては他人を見下したblogですね。
登録者のおかしな行動に関しては納得しますし、意見についても
そんな考え方もあるのだろうと感じられます。
しかし、基本的に登録者を下に見ているとしか感じられない。
5-6記事しか読んでませんが、顔が悪いと非難してみたり
バイト暦しか無い人は結婚しては駄目とか?吐き気がします。
顔が悪くても妻帯者なんて沢山居ます。
大学を出てすぐに主夫で、バイト暦しか無い人も居ます。
いい年齢のようですが、そろそろ自分の中だけの偏見で他人を測るのを
辞めてみませんか?
Posted by たけ at 2008年04月28日 01:24
>たけさん

はじめまして。
いろいろとご指摘、ありがとうございます。
ブログ運営での参考にさせてはもらいます。

見てくれや職歴なんていいんです。
それをしっかりと考えてどうするか取り組む。

そんなふうになってくれればいいなと、
そして、そんなふうになれればいいなと思います。
Posted by としぞう at 2008年05月01日 23:13