2008年01月31日

初めての募金(そうたろうくん)


----【PR】-----------------------------------
 ★このブログが書籍化されています!★

 ■こまった派遣〜としぞう〜
 ■ハケンガシゴト〜としぞう〜
--------------------------------------------
★「僕の(私の)出会った人々の逸話」
  随時募集中!⇒ryuga825@hotmail.co.jp
  お仕事相談も気軽にメールくださいね!

ランキングでがんばってます。
 いつも応援ありがとう!

-----------------------------------------------



高速道路を時速100kmで走っていた。


まだ肌寒い、午前8時前。
前より早く朝日が昇るようになった、1月も終わりに。

その高速道路は山を抜けていく道になっていた。

季節によっては霧がひどく、前が見えないことも多い。

この日は比較的天気も良かったのだが、
山間にさしかかると同時に、視界もだんだん悪くなってきた。

まったく前が見えないわけではないが、
遠くの景色は霧のせいで見えなくなっていた。


車についている車外温度計を見ると、
外の気温はまだ4℃ほどだった。


僕はお気に入りの音楽を流しながら、
高速に乗る前に買ってきた、コーヒーを一口飲んだ。

コーヒーを飲むといつもタバコが吸いたくなる。

マイルドセンブンに火をつけ、タバコを吸う。
煙が車内に充満する前に、窓を少し開ける。

タバコの煙が空気の流れに沿って、
絵に描いたように外へと流れ出していく。


外はさっきより霧が深くなっていた。


その霧に吸い込まれるかのように、
タバコの煙は窓から外へと流れ出していた。


いつも通る道。
特に変わったこともなく、
2時間ほど車を走らせ高速を降りた。


ランキング激動。←ブログ順位定番

タバコを吸うくせに、タバコの匂いが嫌いな僕は、
車内のタバコの匂いを消すために
よくホワイトムスクの香りのするものを置く。


ちょうど高速を降りたところに、
オートバックスがあったのと、
車内の匂いが気になりだしたので
オートバックスへよることにした。

何気なく手に取ったホワイトムスクの香り。

それを持ってレジへと足を運ぶ。


ちょうどオイル交換の客が並んでいて、
なかなかレジが進まないことにいらいらしていると、
使用されていないレジに目がいってしまう。


そこに、こんな紙があった。



小学校2年生のそうたろう君は
生まれたころからすべての内臓の機能がうまく働かず、
小腸の摘出手術をし、肝臓、すい臓、腎臓の移植を待っています。
大腸の機能も不十分で、人工肛門を2か所つけています。

日本では15歳未満の臓器移植が認められていないため、
海外での移植手術を希望されていますが、
その手術代金が1億2000万円にもなります。

個人では到底難しい金額ですので、
そうたろう君のご両親は募金を募ることにしました。

皆さんの支援を心よりお願い申し上げます。






そして、子供の字でこう書いてあった。




僕は今、小学2年生です。

僕はお腹が悪くてご飯が食べられません。

良くなってご飯が食べられるようになりたいです。

学校に行ってお友達と遊びたいです。

お家に帰りたいです。

おじいちゃんになるまで生きていきたいです。

歩けるようになりたいです。

手術が受けられるようにみなさんの力を貸してください。

おねがいします。




そして、笑顔の彼の写真があった。
彼のプロフィールとともに・・・。


身長が91cm。

体重は11.5kg。


今度小学校に上がる、うちの息子は今6歳。


身長は120cm。

体重は22kg。


2つ年上の彼は、僕の息子より
ひとまわりも、ふたまわりも小さい体。

91cmというと、3歳ぐらいの時の息子の身長だ。
とっても小さい。そして、11kgはとても軽い。

同じように生まれてきて、同じように過ごしたいのに、
彼にはその当たり前のことがとても難しい。


つたない文字で、「生きたいです。」と書いてあった。


一生懸命「生きたいです。」と訴えていた。



彼の写真は、屈託のない笑顔で、
ただ、その写真の背景が病院なのが
胸を締め付けられるような、そんな写真だった。



オートバックスで会計をしながら、
一人涙ぐんでいる僕はたぶん周りから見たら変な人。

何万円も募金ができるほど余裕もないけど、
少しだけ彼に何かできればいいかと思い、
おそらく僕のエゴだとは思うが、
数百円のおつりと、財布に一枚あった千円札を募金した。



基本的に冷たい人間の僕は、
あまり募金などをしたことはない。


自分がおなかいっぱいでもないのに、
他人を助けてなんていられるか!


なんてずっと思っていた。




でも、だめだなぁ。
子供ができてからは、ほんと涙もろくなった。

子供が絡んでいると、どうしても感情移入していまう。

それがいいのかわるいのか別として、
彼の人生が少しでもいい方向に進んでくれることを祈る。

8歳で91cmの彼が、
20歳の好青年になる日が来ることを祈って。




五体満足でいると、当たり前のことが
どれほどありがたいことかを忘れていることが多い。


手が動くこと。

目が見えること。

耳が聞こえること。

話ができること。

死を考えることなく、日常を過ごせること。


そんな当たり前の奇跡に感謝しながら、
普通に育っていくわが子の成長に感謝しながら。



さて、今日も仕事です。
朝早くから目が覚めたので、
派遣もなにも関係ない記事になりました。



そうたろうくんを救う会
スポンサードリンク

人気ブログランキング
みなさんの応援が僕のやる気の源です!応援のクリックをぜひともお願いします!

メルマガやってます!
実録!派遣会社の裏の裏!そのまた裏のつぶやき!?

 
Posted by としぞう at 06:58│Comments(24)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryuga825/51214203
この記事へのコメント
 こんにちは。初めてコメントさせて頂きます。
1年位前にこのBlogを見つけ、面白さのあまり全記事読ませて頂きました。
 今回の記事、とっても心に響いたのでコメントさせて下さい。
五体満足で生きている事の喜びを、当たり前の様に思って居る事の贅沢さを感じました。親への感謝とか、そういったものを改めて考える事が出来ました。有難うございます。
   これからも更新楽しみにしています。
Posted by Ico。 at 2008年01月31日 09:40
おはようございます。
いつも楽しく読ませていただいております。

そうたろう君、頑張って欲しいですね。
読んでいてもらい涙、出そうになりました。。。

1点だけ修正をいただければと思うところがございました。

>高速道路を時速100kgで走っていた。

・・・kmだということは重々承知しておりますし、
見ればわかることなのですが・・・

つい、噴出してしまいまして・・・。
いつもの楽しいお話だと思って読み始めてしまって・・・。
読み終わった時に、少々罪悪感を感じてしまいました。
何故って? またいつものお笑い記事だと思って読み進めたから。
貴方からこんな優しさを見せてもらえるなんて思ってもみなかったから。

もちろん、お暇ができた時でかまいません。
ちょっとお手を入れていただければ嬉しいです。
Posted by 派遣店長 at 2008年01月31日 10:51
いいんですよ。
みんなで少しずつ分け合うのが募金ですから。
Posted by ちー at 2008年01月31日 11:13
我が娘たち。

次女満4歳。身長110cm,18kg。
「大きいねぇ〜^^」とよく言われる。
そんなことないですよぉ〜^^...なんて気楽に謙遜する。

長女身長140cm,体重35.1kg。
本人背が低い事を気にしている。
大きくなりすぎたら困るでしょ^^?...なんて軽口を返す。

普通以上を求めてしまう,体格も成績も。

世界中の皆さんごめんなさい。
今日は,我が家のあまりに普通で平凡な日常を
思い切り満喫しようと思います。
Posted by みっちゃんママ at 2008年01月31日 19:45
エゴでも何もしないよりもずっといい。
本当に困っている人にはそんな事関係ないんだから。
Posted by さえ at 2008年01月31日 22:54
あ〜…そうなんですよね〜
私も冷めた性格で、さらにひねくれてるタイプ(?)なんで
募金なんて実際どんな遣われ方されるか知れたものじゃない!と
思ってましたが(募金詐欺もありますし)子供を産んでからは、
涙もろくなりましたね〜(^_^;)>
最近ではマリーと子犬の物語(でしたっけ?)の映画の予告で
子役の女の子の「マァァァリィィィ〜!!」の叫ぶ声シーンだけで
泣けました…すっかりヘタレです;
Posted by 哉 樹 at 2008年01月31日 23:01
初めまして。
毎回,更新楽しみに
してぃます(≧ω≦)b
ぃっもの調子で
読み始めたら
今日は凄く胸に響いた
ブログだったンで初コメ☆

5体満足で居る事が
どれだけ幸せか…
毎日,感謝して
生きて行こうって
気付かされました('∇')
Posted by 空 at 2008年02月01日 00:07
いつも楽しく読ませていただいています。

今回、不覚にもブログで涙ぐんでしまいました。

私30代後半で息子は1才2ヶ月。
ここに書いてある皆さんみたいに子供ができて涙もろくなりました。
いい年したオジサンなのに。

人生で初、紙のお金を募金しました。
キャバクラで、はじめの一杯くらいの金額ですが、
たまには厚化粧ねーちゃん喜ばすより
そうたろう君の笑顔が見れるなら…

今日は早く家に帰り、息子を抱きしめてあげようと思います。
Posted by maru at 2008年02月01日 14:12
まあ、あなたみたいな手配師なんてやっている人にはいずれは天罰が下るわ!せめてあなたのお子さんだけでも世の為人の為になるような仕事について欲しいわね・・・中間マージンで食わせてやってるんだからさ!
Posted by 悪人にも涙か・・ at 2008年02月02日 16:43
8才の子の「生きたい」という言葉が胸に響きました。
どうかそうたろうくんが無事に手術を受けられますように。
Posted by まどか at 2008年02月03日 10:29
こんばんは。
中間マージンを取る会社もあれば、そうでない会社もある。。。
世の中はいろんな意味で2極化ですねぇ。
Posted by 株太郎 at 2008年02月03日 18:21
>ICOさん

はじめまして。
当り前のことが
どれほど奇跡的なのか。
彼を見て痛感しました。

そして、今に感謝です。


>派遣店長さん

修正しました^^;
誤字脱字が多いですが、ご勘弁をw

彼には本当に頑張ってもらいたいものです!
Posted by としぞう at 2008年02月03日 23:23
>ちーさん

少しだけでも・・・ね。



>みっちゃんママさん

一生懸命なのは子供全員一緒ですね。
ぎゅっと抱きしめてあげてください!!
Posted by としぞう at 2008年02月03日 23:24
>さえさん

複雑ですけど、
彼の少しの希望になれば幸いです。


>哉樹さん

そんな感情も確かにあります。
でも、彼に届くことを祈っています。

ほんと、涙もろくなりました。
ポケモンのディアルガVSパルキアVSダークライで
がんばるダークライに涙したのは内緒です・・・。
Posted by としぞう at 2008年02月03日 23:26
>空さん

はじめまして!
たまにこんなんも書きます^^;

そうたろうくんを応援してあげてください!


>maruさん

少しでも協力できれば・・・。
息子さんに精一杯の愛情をお願いします!
Posted by としぞう at 2008年02月03日 23:27
>悪人にも涙か・・・さん

他人のため。
そう、そのためにやってます。
胸張ってね。


>まどかさん

屈託のない彼の「生きたい」は
衝撃的で言葉になりませんでした。

応援してあげてください!


>株太郎さん

利益がある会社は、
必ずマージンをもらっていますね。
二極化はますます進むでしょうね。。。
Posted by としぞう at 2008年02月03日 23:29
ご無沙汰してます、としぞうさん。
そうたろうくんのブログ見ました。
いつになくとしぞうさんが真面目に記事を書いてたし・・・。
不覚にも涙してしまった母です。
やはり子を持つとダメですね。
私もそうたろうくんに、長生きして欲しいです。
Posted by たんしおれもん at 2008年02月04日 18:36
はじめまして。いつもとしぞうさんの記事を楽しく読ませて頂いています。
当方は三十路を越えた独り身ですが、今回の記事にふと涙してしまいました。
自分も年を取ったと思いつつ、この少年にぜひ生きていて欲しいと思いました。

本日、銀行によった折り、ほんの少しですが、寄付をしてきました。今、日本で働いている大人の一人として、子どもを幸せにしたい。エゴかもしれませんが…
Posted by ひでなが at 2008年02月04日 21:13
自分の財布がスカスカなのに、人の懐温められるかい!!
って僕も普段思ってますね…

今回の記事には自身を省みる機会を与えてもらいました。

有難う。としぞうさん。

自由経済社会では、どんな企業体でも中間マージンを
ユーザー(企業or個人)から頂いて成立してますわな…。

極端な話、100円で仕入れて、100円で販売してたら…ね。

蒸し返してすみません。
Posted by ぴろしき at 2008年02月05日 13:05
>たんしおれもんさん

お久しぶりです。
基本的にはまじめなんです、僕w

そうたろうくんの募金を応援することにしました。
このブログでも多少協力できればと思います。


>ひでながさん

はじめまして!
募金、ありがとうございます!

子を持つ親として、
大人の一人として
何かしらできることがあればと、
このブログで応援を呼び掛けてみようと思います!
Posted by としぞう at 2008年02月06日 00:34
>ぴろしきさん

確かに僕もそうですからね・・・。
でも、そうたろうくんの笑顔に
なんとかなってほしいとも思いました。

搾取とかよくいわれますね、業界全体^^;

でも、業界にいるとわかるんですけど、
どれほど他の業界が中間マージンを抜いているか
恐ろしく思うことも少なくありません・・・。

10円の仕入れが、1万円とかザラですからね・・・。
Posted by としぞう at 2008年02月06日 00:37
「足るを知る」

普段忘れて文句ばっか言って反省です。
私も協力いたします!
ありがとうございます!
Posted by もーじろう at 2008年02月06日 16:16
コメント2回目です。

私はコンビニのおつり数十円は必ずレジ横の募金箱へ!

募金ってちょっと恥ずかしい(?)気持ちがあって、
以前はなかなかできなかったんですよ。
一緒に買い物に行った友人がさりげなく入れる姿を見て、
ステキだな〜って思ってからできるようになりました。

仕事が続かない人・・・
平気で約束を破る人・・・
仮病で休む人・・・
健康でありながらなにやってんだ!って感じですね。
ほんと面接来るな〜!って叫びたい。

私も2人の子持ち。
ご両親の気持ちが痛いほどわかります。
家族の健康に感謝しつつ、
そうたろう君の夢が叶うよう祈りたいと思います。
Posted by MEGUMI at 2008年02月09日 12:55
>もーじろうさん

そうたろうくんの募金集まったようですね!
よかったです!


>MEGUMIさん

確かに!
でも、親になってようやく気付いたことも多いです。
そうたろうくんにはぜひ元気になってほしいものです!
Posted by としぞう at 2008年02月10日 11:05