2007年08月08日

派遣社員の時給とか保険とか


----【PR】-----------------------------------
 ★このブログが書籍化されています!★

 ■こまった派遣〜としぞう〜
 ■ハケンガシゴト〜としぞう〜
--------------------------------------------
派遣会社の裏の裏。
書籍化で好評(?)発売中!?←売れてるのかなぁ・・

こまった派遣社員−私が出会った驚きの人達
ハケンガシゴト。−私が選ぶ“派遣”という生き方

ランキングもチェック
ばしっと1位になってみたい・・・

-----------------------------------------------


もうすぐお盆休みです。
大型連休になる人、仕事の人、
いろいろと過ごし方はありますが、
僕はといえば実家に帰るぐらいで
特にこれと言った予定もありません(笑)


こんばんは、としぞうです。


派遣会社には珍しく、比較的連休が取れるうちの会社。
といっても、連休中の電話対応はばっちりあるわけです。
事故とかあった日には、問答無用で出動になります(泣)


さて、今日は本当にちょっとした裏話。
ずっと以前にも少し触れたのですが、
派遣会社はどうやって派遣社員の時給を決めているのか、です。


結論から言うと「相場に合わせる」ですが、
その相場が比較的崩れている地域もあるわけです・・・。


【エン・ジャパン】毎週更新!今週の求人特集


人気ブログで僕は何位?←押したらいいことあるかも!?

派遣会社は会社なので、もちろん地益を追及します。
派遣会社の収入源は唯一スタッフさんの稼働になります。


スタッフさんが稼働した時間 × クライアントからの支払金額 = 売上 です。


そこからスタッフさんの時給や社会保険料、厚生年金の会社負担分、
雇用保険の会社負担分、求人広告費、福利厚生費、管理費、事務所代、
その他もろもろの経費を差っぴいた残りが、純利益となります。


例えば、クライアントから時給2,000円もらえる
事務案件があったとして、スタッフさんへの支払
おおよそ1,200円〜1,350円程度でしょうか。

この時給ですと、(1日8時間稼働で20日出勤)
単純に社会保険・厚生年金の会社負担分は
だいたい月30,000円前後になり、
時間になおすと、おおよそ時間190円前後。

雇用保険も同様に時間になおすと、だいたい時間15円前後。

二つあわせるとおよそ時間200円前後は経費です。



ということは、結局1,400〜1,550円は支払



人を1人採用するのに、求人を使うと費用がかかります。
うちの場合ですと1人採用におおよそ40,000円・・・。
(※仕事内容や地域で全然違いますが・・・)

これを時間で考えると、だいたい時間250円。



ということは、結局1,650〜1,800円は支払



結構儲けは少くなってきましたね・・・。(←事実頭が痛い)



有給休暇を仮に年10日取るとすると、
会社の手出しのお金は年間おおよそ100,000円強。

これを月で割って時間になおすと、だいたい50円。



ということは、結局1,700〜1,850円は支払



ここまでは絶対かかる費用になりますし、
減らすことの難しい経費にもなるわけです。(←求人はなんとかなるかも・・・)


クライアントから時間2,000円もらっても
単純に会社の粗利益は300円〜150円・・・。


ここからさらに事務所経費、営業の人件費、
通信費、光熱費、その他もろもろの経費がかかります。




思ったより儲かりませんねぇ・・・




会社が利益を出す方法はいくつかあります。

.ライアントからのもらえる金額を上げる。

営業の数を減らすなどして、固定経費を抑える。

スタッフへの支払を見直し、利益率を上げる。

げ堝数を増やし、薄利多売でも利益を確保する。

ゼ匆駟欷韻覆匹かからないよう、稼働時間を調整する。

わかりやすいところだとこんな感じでしょうか。


´↓づは企業努力である程度補填できそうです。
しかし、イ魄用してしまう企業も少なくありません。

最近でも社会保険庁の問題があったりして、
スタッフさん本人が社会保険自体に入りたくないと
訴えてくることも少なくなく、そのまま入れずに・・・
なんてこともちらほらと聞きます。

うちは大丈夫かというと
実際問題100%にはいたってないのが現状です・・・。

むろん、法で入らなくてよい場合もあるので
それをうまくというか逆手に取っているとこも・・・。



何故そんなことをしてしまう必要があるのか。
いろいろと理由はあるのですが、大きな要因に派遣先を挙げたい。

派遣先企業の多くは、いい人材を安く仕入れたい、と思っています。
もちろんコンプライアンスを遵守していることは大前提ですが、
企業によってはそんなことよりも経費を抑えたい欲求が強いところも
まだまだたくさんあるのが現実ですし、実際に相談も受けます。


最初の案件のように通常2,000円のところを
ある派遣会社が1,800円でできるなんて言い出すと、
クライアントはすぐさまそれを報告してきますし、
そこの企業へと乗り換えようとすることも少なくありません。
(※付き合いの深いところは、簡単には変えませんが・・・)

逆にその金額では難しいだろうという金額を
平気で言ってくるクライアントもいますし、
事実むちゃな金額で受けている派遣会社も存在します。



すると、絶対必要なところの経費を抜かざるをえなくなります。

あれですね、下請けいじめみたいな感覚でしょうか。
ちょっと前にはやった建設業界の手抜き工事も同様の型かと思います。

これは、派遣会社だけではなくどの業界でも
少なからずあることなのかも知れません。


得意先との契約に重きをおくばかりに
自分の会社の利益を圧迫し、ばれなければいいということで、
本来必要な経費を削減というか、はしょってしまう。



ただ、企業としてこれを行えば
結局のところ最終的には従業員にしわ寄せが来ます。


そんなニュースいっぱいみませんか?


No!といいにくい場面も多々あって
非常にシビアで難しい問題ですが、
僕個人としては出来ればきれいに仕事がしたい。

胸張って町を歩きたいわけです。




と、随分と話がずれてきましたが、
派遣業界全体のことを最近ちょっと考えてまして。

もしかしたら、業界を去ることに・・・。

あくまで現段階の考えだけで
まだまったく決めてもいないのですけどね(苦笑)



あ、時給は参考になったかなぁ?
逆算すると結構簡単に見積り出せたりするんですよねぇ〜。
ほとんどの場合、ピンポイントで金額当ります(笑)

ただ、僕の見積りよりも随分低い金額でやってる会社は
たいていの場合入替が激しく、現場も難しい人が多い気がします(苦笑)
スポンサードリンク

人気ブログランキング
みなさんの応援が僕のやる気の源です!応援のクリックをぜひともお願いします!

メルマガやってます!
実録!派遣会社の裏の裏!そのまた裏のつぶやき!?

 
Posted by としぞう at 21:58│Comments(9)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryuga825/50944376
この記事へのコメント
派遣、結構もうからないですよね笑
クライアントからもらう時給の70%はスタッフに払うし、20%は媒体費やら社員の給与やらでなくなるわけで。
純利益といえば10%くらいしかないんですよねぇ。。。

うちの会社は単価も低いのでなかなか・・・。
せちがらない世の中です。。。

Posted by かん at 2007年08月08日 23:21
今回の計算非常に役に立ちました
まぁ俺みたいな一般派遣より安い給料でチャージが高い特定派遣の社員がいる派遣会社ならもう少し利益率良いのかなって思っちゃうけど………
Posted by たけし at 2007年08月08日 23:48
なるほどぉ。参考になりました。
時給…派遣「社員」だとそれくらいになるんですね。
スポット派遣(日雇い)でも計算式は同じようなものなのでしょうか。
実は最近何かと話題のグッド○ィルで仕事してるんですが…

噂によるとグッド○ィルはクライアントから「アルバイターにはいくら渡してるの?」と聞かれても「最低賃金は渡してます」としか言わないそうです(苦笑)(実際には最低賃金も怪しいですが…)
学生の、しかも別の本命バイトを持ってる中での片手間アルバイトなので携帯ひとつで何とかなる便利賃と思ってまだガマンしてますが、まだまだとしぞうさんのように「胸を張って歩きたい」という人たちも少ないような気がします(^_^;)
Posted by ごま at 2007年08月09日 01:38
なるほど〜。
参考になりますね・・・
私、前職は派遣社員だったのですが、そうか、私の時給はこうして決まっていたのね・・・(笑)と感心しました。
大手家電量販店に派遣されてたのですが、かなり強い立場だったため、派遣会社の人はいつも頭を下げてましたね〜。
派遣業務外の仕事もいっぱいしていたし・・・
かなりグレーな部分いっぱいありましたよ〜。
Posted by オフィス21 湯浅 at 2007年08月09日 10:20
そういや以前コーディをしていた時、時給はこう計算しろと上司から指示されたことが・・・。
クライアントからの支払額からスタッフの時給を割りだす計算式。
この式から割り出された時給で稼動すれば利益が出ると。

求人を掲載する際、食いつきが悪いとだいたい時給が他より低い場合が多いので、その時は時給を上げていましたが
そのせいで同じ現場でも時給が違うスタッフがでて、話しちゃダメなのにスタッフ同士で時給の話しちゃって、スタッフが事務所に乗り込んできたことがありました(汗

社会保険や有給はやってない、なんていう悪徳派遣会社もあり、そこに旨く丸め込まれて「入りたくないです」っていう登録者がいたりもしましたw(最近は流石に無いか)

この記事を見てその当時のことを思い出しましたw
Posted by ねこばす at 2007年08月09日 10:28
案外、派遣会社自体の利益を生むのって大変なんですね。実際働いている派遣社員の方は派遣会社に結構引かれてるっていうイメージが私の周りでもあるみたいですが。。。私は派遣で働いているのでチョット計算してみようと思ったのですが月給制です。だいたい割合は同じようなものなんですかね???
Posted by Lisa at 2007年08月09日 23:26
>かんさん

そう、結構もんかんないw
単価の低い現場だと、悲惨です・・・


>たけしさん

役立てばなによりですw
特定の場合ですと、単価が若干高いのですw
が、儲けはさほどかわらんかもしれません・・・
Posted by としぞう at 2007年08月15日 22:18
>ごまさん

スポットだと、単純に保険関係がないので
もう少し経費を押さえられますが、単価も安いw

胸張って生きていけるほど
まだまだ人間はできていません・・・


>アフィス21さん

グレーっていえば、そうですね・・・
実際現場にいるとスレスレなのがわかります・・
が、知らないってだけなのがほとんどでしょうかw
Posted by としぞう at 2007年08月15日 22:20
>ねこばすさん

現場でのスタッフの揉め事の多くは
やっぱり時給と人間関係ですね・・・

コレばっかりは協定でも結ばない限り
永遠になくならない問題だと・・・

どうしようかねぇ〜・・・


>Lisaさん

大変なんですよ。
まぁどこでも同じでしょうけどね^^;
最低限必要な経費がおおよそ25%なんで、
7割前後が本人支払いになるんではないでしょうか・・・
Posted by としぞう at 2007年08月15日 22:22