2007年04月12日

新入生諸君!


----【PR】-----------------------------------
 ★このブログが書籍化されています!★

 ■こまった派遣〜としぞう〜
 ■ハケンガシゴト〜としぞう〜
--------------------------------------------
派遣会社の裏の裏。
停滞中が続いています。助けて!

今日のランキングは?
ほらね、一目瞭然でしょ?

-------------------------------


すでに新年度が始まりました。

一瞬で桜色に染める沿道の木々たちと、
真新しい制服に身を包んだ若者達と、
期待に満ち溢れた瞳の新社会人。

側道にたまった桜の花びらも
彼らの為に華やかに咲き乱れ、
役目を終えて静かに、でも、
しっかりと彼らを見送っているようだ。


こんばんは、としぞうです。


この時期になると学生時代をやんわりと思い出します。

実は今日の記事、ミクシーで書いたもの。
ネタがないわけではないのですが、
とある人からの要望でコピペさせていただきました。
基本的にミクシーでは思ったことの走り書き。
文面が多少おかしいとこもあるかと。

ま、ブログでも誤字脱字ばかりですが(苦笑)



僕にとって、もっとも印象的なのは中学校入学の時期。
入学初日、体育館に新入生が全員集合し入学式に参加します。


どこでも恒例の校長先生の挨拶。

「新入生諸君!入学おめでとう!」



まずはブログをお気に入りに登録してみてください。

クリック3秒で完了します♪

ランキングはどうだろう?←もちろん押した!?
そういわれて中学校に入学したのは、
もう18年ぐらい前。

随分時間が流れたわけだが、
思い出として強く心に残っている。


入学式の後、僕を含め数名が教員室に呼ばれた。



先生「お前らの小学校の素行は聞いている。
   あまりよろしくないので、注意しておく。」



意味がわかりません。




確かに小学校4年生のときの素行は悪かった。
登校拒否に近いものがあり、授業にもあまり出なかった。
クラス全員を誘って、授業中勝手にグランドで遊んだ。
当時の校長先生の命令で、僕と他2名は
授業を校長室で受けていた。


校長「ま、いいよ。子供は元気なほうが。
   みかんでも食べながら、勉強しようか」


そういってくれる校長先生は、
実は僕の家の近所のおじいさん。

昔からよく家に来て、
おじいちゃんとマージャンを打っていた。


当時の担任の先生の理不尽さが子供心に理解できず
ずっと反抗をしていたわけだが、この先生には素直だった。


3学期になると、担任は辞めていって、
校長先生と、教頭先生が授業をしてくれるようになった。


その頃になると、学校に行くことが楽しくて
勉強をすることも楽しかった。
知らないことがどんどん知っていることに変わって
日本の歴史や、文化に興味を持つようになった。

その中で、宇宙や自然に興味を持つようになり、
校長先生を捕まえては、夜な夜な学校の天体望遠鏡を見せてもらった。

ハレー彗星が見えたのも、確かこの頃。



気がつけば年度も替わり、
5年生になり、6年生になった。

5年と6年の担任は今でも覚えている。
特に6年の担任は、僕達の為に学校と喧嘩をした。


卒業旅行に連れて行くんだ!


そういって、PTAや学校と喧嘩になった。
5年の担任と、6年の担任、
違うクラスの担任の3人の先生が
大喧嘩をした結果、子供達の多数決で
卒業旅行に行くことになった。


子供達でルールを決めた。


・絶対に迷惑をかける行動はしないこと。
・先生の言うことをちゃんと聞くこと。
・集合や解散は先生に挨拶をして、やること。


・先生に最後にありがとうを言うこと。



最後のルールだけは、子供達だけの内緒。


今思うとなんのことはない、近場への旅行。
それでも自分達で決めたルールを守り、
それぞれが楽しく旅行をした記憶がある。

最後、戻ってきて、
3人の先生に花束を渡した。


全員で「ありがとう」って言いながら。


記憶の中の先生は、あまり泣かない人だったけど。
この日はみんな号泣していた気がする。


卒業式の思いではあまりないわけだが、
このときの思いでは今でも鮮明に残っている。




先生「お前らの小学校の素行は聞いている。
   あまりよろしくないので、注意しておく。」


どこからどう話がいったのかわからないが、
この事実を6年生の担任に話をしに行くと、
一緒に中学校へいってくれた。


「勝手に決め付けるんじゃない!
 子供を締め付ける教育をするんじゃない!」


そう言ったような気がするが、定かではない。
でも、先生は泣きながら中学校の先生に食って掛かった。





あれがなければ、たぶんグレてた。
まわりの友達はいわゆるヤンキーも多くて、
んでも僕はそういうのが嫌いになった。

ヤンキーが嫌いなんじゃなくて、
その行為の為に誰かが傷つくのが
すごく怖かった気がする。

もちろん反抗期もあったけど、
それでも確かに線引きはしていた気がする。




学校で覚えたことはいっぱいある。
勉強や授業も1つだけど、
人と人との繋がりや、信頼を学んだ気がする。


気のせいかもしれないけど。
それが一番大きかったのだと思う。





もっと先生に強くなって欲しい。
それが正しいのなら、親に食ってかかって欲しい。

子供の心に残るのは、
自分の為に戦ってくれる背中なのかもしれない。
自分の為にまっすぐにしかってくれる目なのかもしれない。



そういう親になってみたい。




新しい年度が始まる。
また少し、大人になりたい。





以上、ミクシー日記より
スポンサードリンク

人気ブログランキング
みなさんの応援が僕のやる気の源です!応援のクリックをぜひともお願いします!

メルマガやってます!
実録!派遣会社の裏の裏!そのまた裏のつぶやき!?

 
Posted by としぞう at 19:17│Comments(26)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryuga825/50922894
この記事へのコメント
としぞうさんへ

いつも楽しく拝見させていただいております。

が、今回は泣きました。
こういう素晴しい先生が増えて欲しいです。





Posted by KAK at 2007年04月12日 23:11
最近、としぞうさんからコメント返しがあるのを
気づいてうれしく思う今日この頃ですo(*^▽^*)o

学校での出来事は良い事も悪い事も、
何年、何十年経っても覚えているもんなんですよね。

私も子供の頃、こんないい先生がいたらなぁ〜、と
としぞうさんを羨ましく思いました。
Posted by hot at 2007年04月12日 23:46
ご時世でもありましょうが、こういう先生、まったくいませんな。
私も、昔のことを思い出してみて・・・。
でも、あまりいい先生というのは、いなかったような・・・。
Posted by saigo at 2007年04月12日 23:49
えぇ話やぁ〜(涙)
なんて素敵な先生なのでしょうか。
私もこういう先生に、教えてもらいたかったです。
Posted by サチ at 2007年04月13日 00:09
また泣いちゃった(T0T)
Posted by コモリン at 2007年04月13日 01:43
今回の記事はきますね。涙腺に。

子供の頃を振り返ってみよ・・・
Posted by ひろゆき at 2007年04月13日 10:05
始めまして、いつも興味深く「マンウォッチィング」
させてもらってます。
ええ先生ですねぇ♪

としぞうさんの記事で、私も小学校5、6年の担任を
思い出しました。
ちょっと変わった先生で、おかげで「ちょっと変わってた私」を
いつも認めてくれました。
「規則・規則の修学旅行」の後に、その先生は
たった一人で引率して生徒45人を「卒業旅行」に連れてってくれました(田舎で1学年1クラス)
凄く楽しかったですね、ええ先生やったなぁぁ




Posted by あまがえる at 2007年04月13日 14:51
初コメです。
いつも拝見させていただいております。
今回の記事…泣きました…。
いいお話でした…。
なんかなんか、ホッとした…




Posted by みみ at 2007年04月13日 15:59
初めましてじゃないですけど
2度目まして
いつも読み逃げしています^^;

今回の話は感動しました(いつも楽しく読んでますよ)

これからも頑張ってください^^つ凸


Posted by sakula at 2007年04月13日 19:51
ほう!!

そんな熱い先生がいたんですね!!

いいなぁ(^_^)
Posted by 呼吸カウンセラー勇飛(ゆうひ) at 2007年04月13日 23:13
良いお話・・
背中と聞いて、先生ではないですが
私も父親の大きな背中を思い出しました。
小さい頃、一緒にお風呂に入ると一生懸命父の大きな背中を流しました。
久し振りに肩を叩いた父の背中はあの時とは違っていました。
でも、今でも大きい背中を思い出します。
背中は父の存在感そのものでしたね。



Posted by ねぇさん at 2007年04月13日 23:44
さ〜て、早速今日のネタにさせていただきます( ̄ー ̄)ニヤリッ
Posted by なべきち at 2007年04月14日 01:17
今日は話の流れが少し違いますが、いい内容ですね。

今の先生方は、昔のように親身になってくれているのでしょうか?
私も昔のことを思い出し、先生の一言や言動が子供心にどう影響するか軽んじてる風潮を感じました。

熱い先生、もっといてほしいですね。
親も理解ある視点で見てほしいと、切に願います。
Posted by けん at 2007年04月14日 14:32
毎度、読み逃げノンです。
あぁ〜感動して泣いちゃったぁ(;_;)

としぞうさん、なんかカッコいいなぁ(≧ε≦)
感動ブログの時だけね…


Posted by ノン at 2007年04月15日 11:54
はっきりいって最低のガキですねw
周りに迷惑かけまくりで、他人のことをまったく考えないからこんなブログ書けるんでしょうね
Posted by 褒める以外でもいいの? at 2007年04月16日 21:00
>KAKさん

どうも!
すばらしい先生かどうかは別として
心に残ったのは確かですw
結構適当な先生ではありましたよw


>hotさん

あははは。ありがとうw
いい先生かどうかはわからんけど、
確かに心にはのこってますw
Posted by としぞう at 2007年04月17日 00:04
>Saiqoさん

いい先生かどうかはわからんですw
んでも今でもお付き合いのあるのはたしかですw


>サチさん

素敵ではないですよw
結構勝手な人でしたからねw
んでも、まっすぐでしたw
Posted by としぞう at 2007年04月17日 00:05
>コモリンさん

あははは。よちよちw


>ひろゆきさん

子供のころの思い出って
今より鮮明なものも多いですねw
人を形成する大きなものかも知れませんね。
Posted by としぞう at 2007年04月17日 00:06
>あまがえるさん

どうも!
規則よりも大切ななにかってあるんでしょうねw
それも規則を守ってるからわかることなのかもしれません。


>みみさん

ありがとう!
思い出の話ですw
Posted by としぞう at 2007年04月17日 00:07
>sakulaさん

読み逃げですかw
寂しいのでコメントしてよw
できたらでいいのでwww

がんばります!はい!


>勇飛さん

まいどw
いましたよw
熱くはちゃめちゃでしたけどねw
Posted by としぞう at 2007年04月17日 00:08
>ねぇさんさん

親父の背中は大きかったな〜。
今でもひざの上から親父の顔をのぞいた
イメージが頭に残っていますからねw
確かに父親の存在は大きかったな〜。今もねw


>なべきちさん

ご要望どおりにw
Posted by としぞう at 2007年04月17日 00:09
>けんさん

ありがとうw
熱い先生ってうざかったりと紙一重ですが、
子供の目線で何かをしてくれると
心には残るのかもしれませんねw


>ノンさん

読み逃げサンクスw
たまにコメントよろしくw

いや、僕カッコイイってwwww(←聞き流して)
Posted by としぞう at 2007年04月17日 00:11
>褒める以外でもいいの?さん

そう、最低のガキでしたw
いっぱい迷惑かけましたね、確かに。
親にも先生にも友達にも・・・。

だからかけるんでしょうね、こんなブログ。
良くも悪くも僕の記事で反応してくれると
やりがいがありますよw
Posted by としぞう at 2007年04月17日 00:12
私の勤務先の派遣さんは優秀な人が多いです。
社員さんよりもデキル女性も・・・。
なんか一流大学でてるほど社会で通用する人の割合
は少ないのではと感じてしまう日々です。



Posted by 主婦 at 2007年04月18日 00:06
今の学校は酷い状態みたいですからね…(苦笑)。
でもまあ、ちょっと教師の知り合いも
何人かいるのもあってか、あんまり強くなれとも
言えないのですけどね…。

凄く当たり前のことなのに、
それができない世の中...。
どうにもおかしなものです(苦笑)。
Posted by Ash at 2007年04月22日 23:27
>主婦さん

確かに僕の周りの派遣社員さんも
そのほとんどはできる人が多いですよ。
高学歴の方ほど、偏ってて企業に選ばれる傾向も否めません・・ね。


>Ashさん

先生も大変でしょうね。
いっぱいしがらみもあるようですし。
僕の連れの教員も、日々悩んでいるようです・・・。
Posted by としぞう at 2007年04月22日 23:45