2006年12月15日

派遣期間抵触日?


----【PR】-----------------------------------
 ★このブログが書籍化されています!★

 ■こまった派遣〜としぞう〜
 ■ハケンガシゴト〜としぞう〜
--------------------------------------------
派遣会社の裏の裏。
ねじ巻き鳥さんに追いつけ〜(←ムリ)

今日のランキングは?
がんがん押すと、更新頻度がばんばん上がる!?

-------------------------------


忘れてはいけません。
このブログは「働く」をテーマとした
れっきとしたビジネスブログです。

そう、ビジネスブログなのです!!!


はい、こんばんは。
今日も今日とていろいろありました。
心に悲しみを背負っています、としぞうです。


そんなこんなでマジメなお話。
ビジネスブログだということを
僕自身がすっかり忘れてしまうほど
なんだか方向が最初の頃と大きくずれています。

と、いうか別方向です。
ま、いいですけど(苦笑)



まずはブログをお気に入りに登録してみてください。

クリック3秒で完了します♪

ランキングはどうだろう?

さっそく題名についてですが、
派遣には「いついつまでにその派遣を終了しなさい。」
といったことを明記することが義務付けられています。

これを「派遣抵触日」といいます。
もちろんこれは「派遣先」「派遣元」
そして「派遣社員」に適正に通知されます。

ただし、専門26業種と呼ばれるものには
通常の派遣期間の概念はありません。
無期限で派遣スタッフさんと契約できるんですね。⇒専門26業種



小難しいですね(苦笑)



ま、ようは期間があるっちゅうことです。
大きな理由のひとつに、「雇用促進」があります。

つまり、
「派遣で長く使用するなら、直接雇用しちゃったら?」
ってことですね。たぶん。


と、前置きはこれぐらい。
細かく説明するとキリがないですから。
厳密に言うといろいろとあるわけですが、
26業種以外の派遣可能業務のほとんどは3年が期限。


そう、3年以上派遣されているのなら

「直接その企業に申し入れをして、
 直接雇用をゲットするチャンスがある!」


ということなんですね。
ただし、直接雇用なんで、
「採用試験」「面接」なんてものもあります。
晴れてそれに合格すれば・・・。


ちなみに、派遣から期間を経て直接雇用の場合、
直接雇用を派遣先が申し込むことは義務付けられています。⇒直接雇用をする場合




あ〜、長い。
マジメに文章を書くと疲れます。
もうちょっとで、本題です(苦笑)




先ほどリンクさせていただいた「直接雇用をする場合」
の中で、派遣社員を派遣先が直接雇用する義務が
あるということはわかると思います。



え?見てない?



じゃ、簡単に。
派遣先が派遣社員に直接雇用を申し込む義務が発生するのは(←この一文で読む気うせるね・・・)
※もうちょっと細かいです。ほんとは・・・。

1、26業種以外で、3年超えても派遣社員を使用するとき

2、26業種でも3年超えて使用して、新しくまた派遣社員を入れるとき




ま〜、3年以上派遣社員がいるか、
その仕事を3年以上やってる人がいて、
新しくまた派遣社員を入れる
ときってことですね。(←まとめすぎ)



その時に「派遣先に直接雇用の義務」が発生します。
大手のメーカーや、新卒しか正社員を募集しない会社に
3年超えて派遣されていたらラッキーですね。

普段なら絶対にない大手からの直接雇用がありえます。





といい事ずくめ(?)のような気もします。


が、「直接雇用をする場合」の中に
「直接雇用」とは出てきても「正社員雇用」とは
一言も出てこないんですね〜・・・。



派遣社員3年以上やってるで!



じゃ、直接雇用しましょう!



よっしゃ〜!大手の社員だ!!!(将来安泰だ。ウヒヒ)



6ヶ月契約の期間社員です。



え?うそ?




ってことも「あり」なんですよ。
個人的にはとても疑問ですけど、現行の派遣法では
これでいいってことになってるんですね〜。



で、クーリングオフ期間ってのがあって
派遣社員を最後に使ってから3ヶ月間は
その業務で派遣社員を使っちゃだめ
なんですけど、

逆に取れば、

派遣期間が過ぎて、自社で期間社員で採用し、
3ヶ月過ぎたらまた派遣社員を入れたらいい。


そうも取れるわけですね〜・・・。




元々「派遣抵触日」ってのは
「雇用促進」を目的としていたわけですが
派遣法の裏側には「企業利益」が見え隠れしますね〜。


厳密に言うと「派遣」自体のニュアンスが
もともとの「派遣」と違ってきているのかも知れませんが・・・。


長くなりましたが、参考になりましたでしょうか?

3年がキーワードです。派遣先の担当者も
なぜだか知らない人が多いので、つっかかってみると
すんなりと正社員雇用をしてくれるかもしれませんね。




あ、この情報ってお金とれるんじゃないか??

そんなことないか・・・。(←そう信じたい)

スポンサードリンク

人気ブログランキング
みなさんの応援が僕のやる気の源です!応援のクリックをぜひともお願いします!

メルマガやってます!
実録!派遣会社の裏の裏!そのまた裏のつぶやき!?

 
Posted by としぞう at 22:45│Comments(28)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryuga825/50814783
この記事へのコメント
すげーいいこと書いてますね。

一つだけ補足させてください。
雇用申込みは、雇用条件について合意に至れば採用する事を前提としている為、選考を行う事はできません。

ttp://www.be-proud.jp/faq/contract.html#moshikomi

念のため・・・
Posted by 金色の春子 at 2006年12月16日 00:16
おっ、としぞうさん、セミナー行った?

まぁ、法律ではそうなんですがね。
実際は、3年がくるちょっと前に、契約更新しないで、
3ケ月後にまた派遣をいれる。つー会社も多いみたいで
結局派遣スタッフの仕事を奪っていることになるみたいですね。
第一、スタッフさんが先方の社員を希望してなかったら
どーすんだ。って話もありますよね。

でも、これ、なくなる方向に進んでいるみたいですね。
上司のブログに書いてました。
Posted by ひまわり at 2006年12月16日 00:27
お久しぶりです、としぞうさん。
半年ほどネットが接続されてない営業所に飛ばされていました。
↑今の日本にそんなトコあるのかって思うでしょ?
 あるんです。先月末で辞めちゃいましたけどね(笑)
 それで、自宅にやっとパソコン入れたわけです。

久しぶりにお邪魔したらずいぶんカタイ内容にびっくり。

クーリングオフやってるクライアントさん多いですよ。
特に製造業系…
で、3ヶ月経ったらそのままそのスタッフさんを派遣で採用…なんて。
ひまわりさんやとしぞうさんがおっしゃるように、
実情は『どぉよ?それ?』が非常に多いのが派遣法。
法の内容も『どぉよ?それ?』が多いですけど。
やっぱり、『企業の声』で生まれた法律なんだな。

でもね、正確には3ヶ月と1日経過しなきゃ
同一業務での派遣受け入れは出来ないんだな、コレが。

コレならお金取れるかな?

Posted by ひろゆき at 2006年12月16日 10:24
としぞうさん、はじめまして。
こないだ、こちらのブログを発見して、時々拝見しています。

で、私、とある地方の小派遣会社に勤務(事務)しています。
ありますね・・・クーリングオフ期間の直接雇用(契約社員、期間社員として)・・・・
で、期間が過ぎたら、再び派遣へ・・・とくに最近派遣が始まった製造業が・・・
派遣会社も企業も、あの手この手で・・・
きっちり、3ヶ月と1日経って、再び契約を交わす企業もあります・・・
企業間契約書を作ってるのでわかります。
でもね・・・うちの営業さんたちあんまり理解して無い・・・時々大丈夫か!?(うちの会社)と思う今日この頃・・・。
Posted by korokoro at 2006年12月16日 18:04
3年以上継続がダメなら間に1ヶ月少々スキマをあけて・・・なんちゅーか、
要介護老人が3ヶ月おきに病院&施設をたらい回しされる姿とダブリましたわ。
本来なら雇用促進が大きな目的の派遣抵触日ですね。だけどクーリングオフで
実際は同じ人が続けてお勤めしてるんですねー・・・・(フムフム)

つまり・・・・どんな法律でも解釈によってどうにでもなるってコトでもありますねぇ〜( ̄- ̄;ゞ
Posted by はづき at 2006年12月17日 13:55
『ネット古本屋開業日記』のisozakiです。会社員の週末は古本屋のオヤジ!?週末起業日記を公開してます!!遊びに来てください☆

妻が派遣社員なので勉強になりました☆
Posted by ISOZAKI at 2006年12月17日 19:53
そうそう、そうなんですよね!
でもたぶん、派遣先の担当者は知らないし、知ってても知らんぷり・・・が
多いんだろうなぁ(´・ω・`)
それに、最近経団連の御手洗氏が
直接雇用義務を廃止したがっているようですε=( ̄ ^  ̄ )
http://www.asahi.com/job/news/TKY200612110080.html
としぞうさん、闇討ちしちゃってください。
Posted by うめたん at 2006年12月17日 20:38
としぞうさんこんばんは。
佐田です。
なるほど〜
うち、派遣がいないのでよく知らなかったなぁ
「派遣法の裏の裏!」
って感じの記事でしたね。
Posted by 現役人事佐田 at 2006年12月18日 19:44
お久しぶりです。    私が働いている派遣先(Y形M下)で来年早々減産による大量(240人)解雇があります。私もその一人です(契約期間終了前)。 派遣会社の人は以前、「時間変更とかクビとか噂がありますけど、そういう事はないので安心して下さい」って言ってたのに・・・。としぞうさんどう思いますか?
Posted by くま at 2006年12月19日 06:24
こんにちわです。

派遣抵触日に関する内容は派遣先都合のいいような内容な気がしますが…気のせいでしょうか?(^_^;)

私が前派遣で入っていた所は、半年契約で契約期間すぎた場合、もし継続して、業務を続けたかったら、パートに直接雇用するか、一度契約期間満了という形で退職させ、来年になったらまた派遣として再雇用するかのどちらかでした。

私は給料など不安定でしたので、辞めましかがね(^_^;)
Posted by かびきち at 2006年12月19日 10:47
>金子の春子さん

あ!紹介予定派遣とごっちゃになってたw
ごめんなさい^^;
まだまだ勉強不足です・・・。


>ひまわりさん

セミナーきらいなんで一回も行ったコトないです^^;
現場でぶちあったって覚える派ですからw

なくなる方向らしいですね。
経団連の圧力は相当なもんかと・・・。
Posted by としぞう at 2006年12月20日 22:28
>ひろゆきさん

おぉ!ご無沙汰です!
正確にはそうですねw
なんというか法律そのものも
現場をしらない人が作っちゃったんでしょうね・・・。


>Korokoroさん

はじめまして!
ひどいところだと同一業務にもかかわらず
書類上だけ書き換えてそのままってとこも・・・。
なんとかならんかな〜これ・・・。
Posted by としぞう at 2006年12月20日 22:30
>はづきさん

ほんまですよ!
実際の現場で3年で終了なんて出来ないことがほとんど。
ということは、結局請負になるか抵触日を無視するか
書類上まともに仕上げるか・・・
現行の派遣法の改正を早急にお願いしたいものです。


>うめたんさん

派遣法の緩和も経団連がからんでそうですね。
なんというかもう雇用促進なんてムシでしょうか!?
Posted by としぞう at 2006年12月20日 22:32
>佐田さん

まぁ、一応これが本職ですから^^;
派遣を検討するなら是非メールをw


>かびきちさん

派遣先も本当は長く使用したいところが多いです。
仕方なく3年で切り替えている所が
僕が知っている限りでは多いですね・・・。
特に自動車関係の製造業務はいつも人で不足ですから・・・。
Posted by としぞう at 2006年12月20日 22:34
>ISOZAKIさん

どうもありがとう!
たまにはこんなのもかいてたりしますw


>くまさん

よく聞きます。
クライアント都合の場合、派遣元はどうしようもないことが多いです。
対会社の契約は商法上の契約になるので、問題ないし、
雇用契約でも1ヶ月前告知なら・・・・。
なんというかどの法律も金持ってる人が都合よく作っているとしか・・・。
Posted by としぞう at 2006年12月20日 22:39
> なんだか方向が最初の頃と大きくずれています。
えぇ! これが主軸の流れじゃなかったのですか!(爆)

うは〜。法律の抜け道!(苦笑)
どうしてこう、近頃の法律は企業にばかり
有利に作られていて、労働者が蔑ろにされて
いるのでしょうかね...。

本来、労働者あってこその
企業だと思うのですけどね〜〜〜。
企業があるから労働者を自由に雇い入れる…
なんてことしていたら、ホントこの国は
先が長くなさそうな気がしてなりません(とほほ)。
Posted by Ash at 2006年12月23日 01:50
>Ashさん

派遣法だけではなく、労働基準法も
解釈の仕方によっては労働者不利になることも・・・。

解雇の条件なんてまさにそうですよね。

「1ヶ月給料払った、やめてもらえるんだろ?」

なんて横柄なクライアントも・・・。
労働組合があればそうも行かないですけどね、
実際はその機能もどうなのかと・・・。
Posted by としぞう at 2006年12月23日 11:42
はじめまして^^面白そうな内容だったので、ちょっと書き込みさせて頂きます。クーリングオフの話出てましたよね?同一業務に就ける場合は3ヶ月と1日(暦日読み)を経過していないとNG、、、とありますが、実際には、同一場所、同一業務、同一の指揮命令者の下につく場合に限られます。前者のコメント通り、派遣社員は、臨時的、一時的な労働力として、、、といった存在定義があるように、見るから聞くからに製造業やメーカーさんのための『派遣』です。実際は、3ヶ月事に就業期間をずらして雇用したスタッフさん達を指揮命令者替え(班替)を行い、転籍させて、同じ班に決められた期間居なくすれば、クーリングオフは企業にとってなんでも無い事の様です。
Posted by ホクトのまつたけ at 2007年01月22日 14:30
続きです^^(実際には某大手企業さんも物の製造派遣解禁時に早速手を出して、一年目の抵触日が近づいた時、これで脱法・・・・もとい、、、対応していたっけ)ご存知の方もいらっしゃいますが、派遣法制定、改定には経○連が非常に強い力を持っています。経○連の今の会長さんは某○動○メーカーの方ですから、どうしてもその業界に扱い易いように弄ってしまうのです。ちなみに次期会長さんも、みなさんご存知、終身雇用の申し子○○○さんですから、より一層、派遣は製造業の方に扱いやすいように整備されていくのではないかと懸念されています。
Posted by ホクトのまつたけ at 2007年01月22日 14:31
更に続きです^^;物づくりの国日本!なんて呼ばれているけど、技術継承を受けるのが期間工の派遣社員の方なんで、伝承もクソもないな〜と考えています。(思いっきり私論です)臨時的一時的労働力で生産コストを低く抑えたいのは解りますが、団塊の世代が退職を迎える今年、こんなんで良いのか?と思います。賢い企業さんは、会社を担う世代の教育に真剣に乗り出し、今年定年退職する社員を嘱託社員として向かえて、新入社員にマンツーで付いてもらい、3年程度の教育を行った上で退職してもらう、、、といった行動を取っている所も見られます。賢いですね^^でも、そんなことする前に、要は一時的な労働力に頼り過ぎて来たから起きてしまった事態ではと感じる昨今。最近聞いた思い出に残る企業の総務の方のコメントは『5年位前に跡継ぎ問題はわかっていたんだけどね〜・・・・・』です。長くてすみません。ではでは!
Posted by ホクトのまつたけ at 2007年01月22日 14:32
>ホクトのまつたけさん

まさにその通りかと思いますね。
日本の風土と派遣という雇用形態が
うあまくマッチングしてないのかもしれませんね。

紹介予定派遣の案件が増えているのがわかりますよ。
Posted by としぞう at 2007年04月07日 12:46
としぞうさん!ご無沙汰しています。ホクトのまつたけです。レスありがとうございます。今回のネタは10月1日から施工された『年齢制限制度の廃止』です。これは高齢者の方や年長フリーターの窓口を広げる・・・が目的ですが、同時に様々な問題が出てくると思います。それは、絶対に受からない面接になってしまうケースが増える事です。多かれ少なかれ必ず仕事には適用年齢が存在する物だと私は考えます。ですから、適用年齢を大幅にオーバーされた方が応募されたとして、面接をさせて頂いたとしても中々採用させて頂くのが難しくなり、受付の段階で年齢を聞いて『ちょっと厳しいかな』と浮かんでも年齢を理由に面接は断れないので止むを得ず面接・・・となってしまう訳です。これが『絶対受からない面接』です。
Posted by ホクトのまつたけ at 2007年10月19日 11:55
続きです^^これについて賢い求職者は気が付いている方も中にはおります。この制度は、その仕事を自分ができる可能性が出た訳ではなく、あくまで応募ができるだけなのだと。ですから、応募の段階で難しくなければ会って下さい。と申し出る方もおります、、が、、中にはこの制度を盾にして『雇え!雇え!年齢を理由に断れないだろ!』の人も中にはいます。厚生労働省はこういった制度を打ち出す前に、こういう勘違いされた人が出ないように防止策や十分な説明を行ってから施工してほしいと思います。あたかもこれは国民に向けた『自分たちは国民のために仕事していますよ』のパフォーマンスのような物です。
Posted by ホクトのまつたけ at 2007年10月19日 11:56
更に続きます^^;私はこの制度が導入されても高齢者の雇用率が上がったりする事には直接結びつかないと考えます。皆さんの意見も参考までにお聞かせ下さい。ちなみに私はピンポイントの求人広告を出し、本当にこの仕事がしたい方だけが出来るだけ沢山応募できる様に、年齢に制限は設けませんが、『応募推奨年齢』という欄を設けております。推奨年齢ですから制限ではないと思いますし、求職者の方にも、『あー、この位までならOKなんですね』と思って欲しいのでこれからも推奨制は続けていく予定です。お互いのミスマッチを出来るだけ防ぎ、採用担当の死力(私は無駄な力と言う意味で使います)を軽減するためにも・・・・・・・・・・・。長文でお邪魔してすみませんでした。。
Posted by ホクトのまつたけ at 2007年10月19日 11:57
質問なんです・・・。

抵触日がわからないといった企業の場合はどうなるのでしょうか。意外と抵触日が曖昧な企業が多いような気がします。

万が一派遣元が知らず知らず派遣していて実は抵触日が過ぎていますとなったらどっちが責任を問われるのでしょうか。
素朴な質問です。教えてくださーい。。。
Posted by 派遣 発見 at 2008年01月24日 09:46
質問なんです・・・。

抵触日がわからないといった企業の場合はどうなるのでしょうか。意外と抵触日が曖昧な企業が多いような気がします。

万が一派遣元が知らず知らず派遣していて実は抵触日が過ぎていますとなったらどっちが責任を問われるのでしょうか。
素朴な質問です。教えてくださーい。。。
Posted by 派遣 発見 at 2008年01月24日 09:49
>ホクトのまつたけさん

年齢制限も実際のところ疑問が多いです・・・。
書面上、そうしたとしても現実問題として
難しいことはありますし・・・。

ミスマッチ・・・。
永遠のテーマです、はい・・・。


>派遣発見さん

抵触日の通知は派遣元の責任ですので、なんらかの指導はあるでしょうね。
派遣法が厳密に刑罰の対象になることは少ないので厳しいのはないでしょうけど・・・。
ただ、まぁ、経験上、是正勧告程度だと思いますよ^^;
Posted by としぞう at 2008年01月24日 17:55
 はじめまして、としぞうさん、ホクトのまつたけさんの年齢制限原則不問テーマへのレスです。

 会社の担当として宝探ししている私はいろいろ対応策講じていますが、さておき、良い点もあると思ってます。

 採用部署責任者の前にハズレの履歴書を積み上げることです。

世の中で、今回募集の仕事については、どんなことができて、どんな経歴をもった人が、どのように取り組みたいと考えているのか、見ていただくことです。   今回の募集の肝はなあに?よ〜く考えよう・・です。
Posted by 宝探しのクマ at 2008年02月14日 14:11