2006年10月22日

優しさと甘さ


----【PR】-----------------------------------
 ★このブログが書籍化されています!★

 ■こまった派遣〜としぞう〜
 ■ハケンガシゴト〜としぞう〜
--------------------------------------------
派遣会社の裏の裏。
これ以上の伸びはないか!?

今日のランキングは?
上位陣は鬼のようなポイントです・・・。

-------------------------------


日曜日の昼下がり、
買い物に行くと親子連れをよく見る。
子供は両親を信頼しきっていて、
また、両親も子供をちゃんと見ている。


こんにちは、としぞうです。


当たり前のことですが、
親が子を、子が親を愛します。
大切が故に厳しくしなければならないことも。


先日、とある親子が面接に来ました。


田中Sさん(44歳) 
田中Aさん(22歳)



Sさんは旦那さんと離婚し、
Aさんと同居をしているようでした。


まずはブログをお気に入りに登録してみてください。

クリック3秒で完了します♪

ランキングはどうだろう?

たま〜に、2人で面接に来る人がいます。

友達同士・恋人同士などね。

一般的に面接は1人で来るものですが、
アルバイトの延長と捉えられる職種では
案外「2人で行きます」ってのも多いんです。

で、そういう時は順番に聞いていきます。


まずは、おかんさんから。
おかあさんのSさんは、
まったくもって普通です。
受け答えもちゃんとしてますし、
いろりろとお話しても普通に返答します。


次に娘さんのAさんに移ります。


職歴を見ると、
学校出てから白紙です・・・。(←4年間)


としぞう「Aさん。学校を卒業してからは何をしていました?」

Aさん「・・・・。」


としぞう「・・・。何をしていました?」

Aさん「・・・・。」




ちらっとおかあさんを見るAさん。



Sさん「家事手伝いです。」





としぞう「・・・・・。
     そ・そうですか。
     では、アルバイトとかの経験もないのですね?」


Aさん「・・・・。」



ちらっとおかあさんを見るAさん。



Sさん「ありません。」



えっと、僕はAさんに聞いているんですけど。
何を質問してもお母さんが答えます。
あんまりお母さんが答えるので、
ちょっとお母さんを止めました。


としぞう「あの・・。Aさんに質問しているので
     Aさんの言葉でお聞きしたいのですが・・・。」


Sさん「私が答えてはダメですか?」



そう言ってない!?僕?



としぞう「できればお願いします。」

Sさん「・・・はい・・・。」



としぞう「アルバイトをしようと思ったことは?」

Aさん「・・・・。」


としぞう「では、何故この仕事をしようと?」

Aさん「・・・・。」


としぞう「・・・。何か好きなことは?」

Aさん「・・・・。」


としぞう「・・・・。趣味とかはないの?」

Aさん「・・・・。」




だんだん、質問の意味もわからなくなってきました・・。



と、おかあさんが見かねてか
また会話に入ってきました。


Sさん「娘は人見知りが激しくて・・・。
    うまく接することができないんです。
    ですから、いつも私が一緒じゃないとダメなんです。
    私が娘の分もやっていきますので、
    なんとかお願いします。

    障害があるわけではないのですが、
    昔から大人しくて、友達もすくないんです。
    ですから、私がいつも・・・。」






















ちょっと!ちょっと、ちょっと!



なんかおかしくない!?
娘がかわいいのはわかる。
でも、そんだけ手助けしてたら、
1人で出来ることも出来なくなっちゃうよ。

おかあさん。

今の娘さんが人付き合いを苦手になった原因。
たぶん、おかあさんのような気がしますよ。

守るだけが優しさではないでしょうし、
甘えさせることが優しさでもないでしょう。
僕なんかが言える立場でもないでしょうけど、
そのまま行くととても恐ろしい気がします。

お母さんの方が先に死ぬんです。

そのときに、娘さんは1人でやってかなくちゃいけないんです。
いやでも、ムリでも、1人でやってかなくちゃいけないんですよ。



そんな内容をちらっと話しちゃいました。






















Sさん「子供を愛して何が悪いの!」



そう言って、事務所を出て行きました。
う〜ん・・・。そうは言ってないんだけどな・・・。

学校問題が騒がれる昨今、
家庭の保護者もどうなんだろう。
そう、思わざるをえない・・。

大丈夫か!?日本!?

スポンサードリンク

人気ブログランキング
みなさんの応援が僕のやる気の源です!応援のクリックをぜひともお願いします!

メルマガやってます!
実録!派遣会社の裏の裏!そのまた裏のつぶやき!?

 
Posted by としぞう at 16:29│Comments(32)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryuga825/50759107
この記事へのコメント
ここまで見事な過保護な親子はなかなかいないですね…お母さんは娘さんを大事にしてるつもりが結果的に駄目にしてるって事に気付いて欲しいです
Posted by Mebius at 2006年10月22日 17:23
超過保護ですか・・・
う〜む、そのAさんの行く末が…
母親は、娘が死ぬまでサイボーグになってでも生き続けるつもりではないでしょうか?
しっかし、いろんな人がいますね(W
Posted by 名無し at 2006年10月22日 18:25
私も人見知りが激しいので、Aさんの気持ちはわかります。

でも、不器用ながらも「働きたい」と言う気持ちを、お母さんに頼らず自分の言葉でいわないとダメですよね。
Posted by たれっち at 2006年10月22日 21:00
はじめまして!
いつも楽しく読んでます。

過保護な親は確かに危ないですよね。一生子供についてあげれる訳はないのだから。
子供の育て方はそれぞれですが…。
Posted by サむ at 2006年10月22日 22:32
似たようなの、職安でも見ました。
父と息子パターンとか。
……そりゃ、一日でクビにもなるわな。
Posted by とおりすがり at 2006年10月22日 22:49
お母さん凄すぎ…
娘さんの為にならないって
分からないのでしょうか?
娘さんがかわいそうです。
Posted by サチ at 2006年10月22日 23:04
はじめまして。
たれっちの友達ののりかです。
私もかなり人見知りが激しいです。
ほかの人が話してくるまで、自分からは話せません。
バイトのコンビニでは、バイトの学生にまだ敬語を使っています。
でも最低限の話はしています。
私学生時代にいじめられてから人見知りになったけど、Aさんも何か原因があって人見知りになったのかしら?
Posted by のりか at 2006年10月22日 23:05
子供を愛しているのではなくて,
「子供を愛していると思える自分」を
愛している親御さんが多いのではないかと.

こういう親御さんほど,
遅い反抗期を迎えた子供との接し方がわからずに
パニックに陥るか,
子供に殺されるか
子供を殺すかするのではないかと思います.
Posted by blogmkonno at 2006年10月22日 23:07
こんばんは!
なかなか難しいものですね。
そのお母さんも悪い人じゃないんでしょうが。
私も人見知り激しい方ですが、そこまでじゃないですね。
一人暮らしもしてましたし。
Posted by kanako at 2006年10月23日 00:40
Aさんは、お母さんに一番気を使ってるように感じました。
むしろお母さんがとなりにいない方が、案外少しずつでも話せたんでわ。。。(想像ですが)
Posted by はづき at 2006年10月23日 01:23
過保護な親御さんも問題ですが、本人ももっと
しっかりしなくちゃ。
結局今のぬるま湯の生活が捨てられないのでしょうね。

うちにも母親付きそいで登録に来た方がいらっしゃいました。
「親子といえども守秘義務があります。」と
お母様は、外で待っていただきました。

一対一でお話をしたら、割としっかりした方でしたよ。
Posted by ひまわり at 2006年10月23日 09:52
>守るだけが優しさではないでしょうし、
>甘えさせることが優しさでもないでしょう

いつも思うのですが・・・
「優しさ」=「甘さ」ではないのに。

「優しさ」って、時には「厳しさ」だったり「冷たさ」だったり。
相手を真剣に思う気持ちが「優しさ」
どれだけ守って、甘やかしても駄目。
だって、結局は「最後は自分」だから。。。

Posted by EN at 2006年10月23日 11:27
電話で「あのう、友達と一緒に受けたいんですけど??」みたいなのは、確かにあります。親子は、俺のところでは、幸い(?)まだ無いですけども。
最低限の対人能力が無いと、たとえ他のスキルがあっても、正直、仕事を紹介しずらいですよね。友達とセットで来るパターンでも、不安でいっぱいですから。
Posted by Fuji at 2006年10月23日 16:03
私も、わりと母から溺愛されて、
大学生のころは、「お小遣いあげるから
バイトなんてしなくていい。そのぶん、家事を
やって」といわれてましたね。
  その子も、お母さんに遠慮して、
やりたいこともやれずにいるんじゃないでしょうか。
だけど、殻を破って、外に出ることが、
不安なんだと思います。
私も、30過ぎるまで、親元にいて、
ここ2年くらいです、一人暮らししたのは。
 父性が弱い場合は、自立という課題に自分で気づいて、自分で
どうにかしていかなくてはいけない。
時間はかかるでしょうけど、一日も早く、
その女性が、親離れできることを願います。
(とはいえ、いくら私でも、就職面接に母親つきで
いくくらいなら、「行かない」ことを選ぶ・・)
Posted by たら at 2006年10月23日 22:20
こんにちは。
佐田です。
こういう親が日本をダメにするんだ!
僕だって娘はかわいい。死ぬほどかわいい。
世界一です。
だが、
20歳過ぎたら追い出すし、
結婚したら家には帰ってこさせない。
当たり前じゃないか、そんな事は!
親なんだから!

と思うんだがなぁ。
Posted by 【就活に勝つ200のコツ!】 at 2006年10月23日 22:34
わたしも気をつけなきゃー
Posted by ささくれ at 2006年10月24日 01:19
なんか、ブログ読んでムカムカきました。
間違った愛情ですね。
愛情はあるのかもしれないけど、
依存です。
世代が違うので、このお母さん世代にはなかなかわかりにくい話しのようです(愛情と依存の違い)

私も息子がかわいい。
かわいいけど、厳しくします。

Aさんは、このまま働かずに、
嫁にいくんでしょうか。。。
それともニートまっしぐらなんでしょうか。。。
Posted by ESTEE at 2006年10月24日 11:56
総務部所属のゆうすけです。

いつも楽しく拝見させて頂いております。
当社には、新入社員で配属先が支店(地方)と判ったときに、
総務部長宛に乗り込んできた母親がいましたが・・・。
子供は、行く気満々なのに・・・。

親離れ・子離れ、今はこんなことが難しい時代なのですかね??
Posted by ゆうすけ at 2006年10月24日 19:32
こんにちわであります。

これはまた見事な駄目親ですな。吐き気がしますね。こういう親ほど、自分のことしか頭が回らなかったり、何かとああだこうだと五月蠅くわめきちらしたり…本気で子供を愛しているのかとry

今のままだと、親が突然死んでしまったら娘さん何も出来ずに死んでしわうんじゃないかと…
まぁ、私には関係ありませんが(^_^;)
Posted by かびきち at 2006年10月24日 20:21
結局は S さんが普通じゃない結果の、
A さんの普通じゃなさ…という感じですね(苦笑)。

学校問題なんか、確かにおかしな教師が増えているのも
事実ですけど、それ以上におかしな保護者が増えている
のが大きな原因の気がするのですよね〜。

まあ…おそらく日本はもうダメでしょう(ぉぃ)。
Posted by Ash at 2006年10月25日 11:23
契約期間満了前にフケると給料もらえないって本当ですか?
Posted by りか at 2006年10月26日 16:55
>Mebiusさん

大事大事はだめにしますよね。
時に厳しく、時に優しく。
愛しているならなおさらですよね。


>名無しさん

こわいでしょ・・・。
いろんな人いすぎです。
僕は普通がいいんですw
Posted by としぞう at 2006年10月26日 18:47
>たれっちさん

そう、結局自分でやらないと
何もはじまらんのですよねw


>サむさん

どもども^^
子供の育て方はそれぞれですが、
なんというか間違ってる気はします。
僕、大丈夫かな・・・。
Posted by としぞう at 2006年10月26日 18:48
>通りすがりさん

見ましたかw
クビにもなりますよ・・。
でも、親の責任も重大ですね。
肝に銘じておきます。


>サチさん

わかんないんでしょうね。
なんだか怖いです。この先が。
Posted by としぞう at 2006年10月26日 19:10
>のりかさん

原因があるんでしょうが、
結局変わっていくのは自分でしかありませんよね。
きついようですが、突き放されることが
今の彼女には大切な気がします。
もちろん、お母さんもね。


>bloqkonnoさん

おぉ!ご無沙汰ですw

たしかにそうかもしれませんね。
変化を恐れるあまり・・・。
でも、変化しないもんなんてな
そうそうありませんよねw
Posted by としぞう at 2006年10月26日 19:13
>Kanakoさん

悪い人ではないですね。
だけど、悪い方向にはいってる気がします。
僕も人見知りが激しいんですよね。
そう、みえないらしいけどw


>はづきさん

そう!それなんです!
たぶんもともと自由にやってたんでしょうね。
Posted by としぞう at 2006年10月26日 19:19
>ひまわりさん

そう。結局本人しだいですよね。

次回同伴されたら、別々で面談します。
参考意見は素直にいただきますw


>ENさん

そうですよね。
僕も甘さが出ちゃうときが多々・・・。
自分なんですよね。だけど、その自分を
家庭内で形成していくので
親の責任は重大ですね・・・。
Posted by としぞう at 2006年10月26日 19:21
>Fujiさん

友達と一緒も多いですね。
傾向としてあまりよい結果がありあません。
二人していなくなっちゃうんでw


>たらさん

過保護すぎ、親離れできない。
そんな環境でも子も親も食べられるんでしょうね。
ぬるいと出たくないですから。
僕もそうですしね。
Posted by としぞう at 2006年10月26日 19:24
>佐田さん

一緒ですねw
そりゃ可愛いです。子供は。
でも、20歳超えたら援助はしないつもり。
お金を稼ぐこと、生活すること。
そういった基本的なことを
1人でやれるよう接して行きたいです。


>ささくれさん

どうか気をつけてw
Posted by としぞう at 2006年10月26日 19:25
>ESTEEさん

でしょ。僕も一緒の感情でした。
たぶん嫁にはいかないような・・・。
今変えないと取り返しつかないのにね。


>ゆうすけさん

うわ。それもすごいですね・・・。
子供も一個人として、
ある程度の年齢になれば接することが大切だと。
厳しく、正しく、愛情いっぱいに。
不安ですがw
Posted by としぞう at 2006年10月26日 19:27
>かびきちさん

こんばんわでありますw
そう!自分の枠にはめ込んでしまうんでしょうね!
子供に足かせを日々していると気づくのに
あとどれくらいかかるんでしょうか・・・。


>Ashさん

ですね。家族のくくりはかなり重要ですよ。
学校とか教員とかよりも、親もなんとか
しないとね・・・
給食費はらわん!とかおかしいってw
Posted by としぞう at 2006年10月26日 19:29
>りかさん

ウソです。ありえません。
Posted by としぞう at 2006年10月26日 19:30