2006年10月15日

僕は偽装請負?派遣?


----【PR】-----------------------------------
 ★このブログが書籍化されています!★

 ■こまった派遣〜としぞう〜
 ■ハケンガシゴト〜としぞう〜
--------------------------------------------
派遣会社の裏の裏。
今日はマジメなお話です。

ランキング上がらない!?
上位陣は鬼のようなポイントです・・・。

-------------------------------


最近新聞でよく目にします。
「偽装請負」や「偽装出向」。
派遣と請負は、法律上まったく別。

「え?両方人を出すんでしょ?」

なんてことをクライアントからも
いまだに聞かれることがあるのが現状です。

平成16年3月に「製造派遣が解禁」になって
ますます「請負」なのか「派遣」なのかの
労働者側からの判断が難しくなっています。



本来・・・

請負は業務を委託され、
生産結果によって請求を上げる。
自社社員により生産するので、(←物の製造もシステム開発も同じ)
請負先に社員のことや、工程のことで
とやかく言われることは一切ない。

派遣は一般的な人材の提供。
業種によっては期間の定めがあり、
一定期間を超えるものには、
派遣先に直接雇用の義務が発生します。


ね?まったく別でしょ?


まずはブログをお気に入りに登録してみてください。

クリック3秒で完了します♪

ランキングが…←押してくれた!?

さて、新聞でも大きく取り扱われた
Cグループのコラボレートが、
先日大阪労働局から業務停止命令を受けました。

再三の是正指導を受けていたにも関わらず
一向に是正することもなく、さらには、
修正資料すら偽装して提出するなんてことを・・・。


お上に逆らっちゃいかんですって(苦笑)


業界の中で、あまりいい噂は聞いたことがないCグループ。
「いつかはあるだろうと思ったよ」ってのが
僕のまわりの派遣会社の担当者たちから聞きます。


さて、偽装請負の何が問題なのか。
偽装請負ってことは実質「派遣」ってことで、
逆の捕らえ方をすると「派遣」が問題なのか!?
なんてことを初めの頃は考えたこともあります。


派遣は「派遣法」という法律の中で
厳密に労働者の立場を明確に謳ってあり、
また、派遣先・派遣元にそれぞれ
一定の責任を負わせることで、
雇用の促進を促そうってものです。

が、実質「派遣」でも契約上請負の「偽装請負」だと
労働者の立場があやふやになりがちで、
また、雇用に関しても請負元の完全雇用にもかかわらず、
請負先から「作業効率」について言われたり、
「解雇通告」されたり「期間終了」させらりたりと
法で守られていないなかで、あれやこれやと指示されがちです。


簡単にいうと、派遣先企業はなんの責任も負わずに、
派遣先企業にとって都合の良い使い方ができるってことです。



さて、派遣社員がこれを見破る方法ですが、
なかなか難しいのが現状なんですよね・・・。


簡単なのは「物の製造」。
これは16年3月以前より工場で派遣社員として
人材の提供を受けていて、なおかつ
「受け入れ先の人から指示を受けている」場合、
偽装請負である確率は「99%以上」です。

わかりやすいのはこれくらいかな。


あと、派遣の場合はスタッフさんと雇用契約をする際に
「就業条件明示書」というものを必ず渡します。
この中には明確に次の項目を入れることになっています。

「指揮命令者の名前」

「派遣先責任者の名前」

「派遣元責任者の名前」

「就業先の住所・社名」


もちろんこの他にもいろいろとあるのですが、
偽装請負の場合、この4つの項目の
どれかが抜けていることが多い気がします。


配属先の社員に指揮命令を受けているにもかかわらず、
「就業条件明示書」をもらっていない、
もしくは、「上記4つのどれかがない」場合は
偽装請負で契約されているとおもってもいいでしょう。

そんなときは、ことこまかく担当者に聞いてください。
ただ、今すぐに偽装請負全部をストップさせたら
日本の「製造業」「システム開発」がかなりの確率で
パンクするような現状であることも事実です・・・。







って、わかりにくいですね〜・・・。
なんとなく伝われば幸いです・・・。

スポンサードリンク

人気ブログランキング
みなさんの応援が僕のやる気の源です!応援のクリックをぜひともお願いします!

メルマガやってます!
実録!派遣会社の裏の裏!そのまた裏のつぶやき!?

 
Posted by としぞう at 22:30│Comments(23)TrackBack(2)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryuga825/50751831
この記事へのトラックバック
前回のよしなしごとを投稿したすぐあと、夕方のニュースをみていると、日亜化学の偽装請負のことが報道されていました。偽装請負と言えばこの夏にわかに話題になりましたが、実はまだよくわかっていなかったんです。でもそのニュースをみていて、派遣従業員の「年収が自分...
やっぱり偽装請負?【SOHO翻訳者の仕事部屋】at 2006年10月16日 14:21
今回のランキング は派遣 会社 。派遣 会社 ランキング 関連のブログを中心に紹介するよ。他しくは各ブログに訪れてね!
派遣 会社 ランキング【ランキング】at 2006年11月10日 16:16
この記事へのコメント
こんにちわです。

Cグループコラボの話はネットとかで見てたんで、ついに業務停止命令か…って思っちゃいました。

ところで、今週の就職情報誌にcグループ(コラボではない)が宝石販売員の派遣の募集をかけていましたが、問題ないのですか?(汗)
Posted by かびきち at 2006年10月16日 07:28
はじめまして!いつも楽しく読んでいます♪

私も5月にやった短期の仕事が、偽装派遣でした。(しかも二重派遣)
契約書には「請負」になってましたが、登録した会社の人は、まったく現場に来ないどころが、連絡すら無し。シフトも決まらず、こちらで勝手にシフトを組み、(現場責任者さんにOKもらって)仕事してました。
通常は大手の派遣会社からの事務の仕事をしていますが、もちろんこんな事は無かったです。作業系の無名派遣会社って、怖いと思ってしまいます。
Posted by siba at 2006年10月16日 07:45
ENもこれに関すること書いてたので〜
トラバさせて頂きました♪


>今すぐに偽装請負全部をストップさせたら
>日本の「製造業」「システム開発」がかなりの確率で
>パンクするような現状であることも事実です・・・。
そうなんですよね。
お国はかなり力を入れて「偽装請負」をたたいていますが・・・
実際に全部をストップさせることは、できないでしょう。
もちろん「偽装請負」は良くない!
でも、この現実を踏まえて法律改善。。。
あらゆる見直しも必要なのでは?


Posted by EN at 2006年10月16日 11:54
凄く頑張っているブログを見ると^^
なんだかうれしくなってきますね^^

骨格矯正師@KENですコンニチハ!!(*^-^*)ヘ゜コリ

内容が充実しているブログはやっぱり面白いし
何よりも適度に更新しているサイトには脱帽
します♪♪♪

これからも訪問&応援し続けますので
どうぞよろしくお願いします♪

それでは今日も・・・っ!

ランキング応援クリック隊長☆ポチッッ
Posted by 骨格矯正師☆KEN at 2006年10月17日 00:44
俺請負やってたけど、ガンガンに派遣先の正社員に言われたりしてたな。
実際は請負も派遣も意味は大して変わらないってこった、ですな。
Posted by 雅 at 2006年10月17日 20:19
初めまして 某外資系派遣会社正社員のたんぼと申します
偽装請負の問題は深刻ですよね わかりやすいのは指揮命令者が派遣先か派遣元かの違いなんですけど、派遣先企業がコレをごちゃ混ぜに考えてる場合が多くて困ります 実際に自分も特定派遣として研究開発職で派遣されてますが、過去に派遣先で「請負の〇〇君です」と紹介されたりしました また、大手メーカーの工場に行ったときはCグループの請負の人が派遣元の人がいるにもかかわらず派遣先の人に指揮命令を受けているのをよく目にしました 人材派遣が世に浸透したとはいえ人材を使うほうの会社の人間が請負と派遣の違いを理解していないと偽装請負の問題は解決しないと思いますよ 私は派遣先がかわるたびに派遣と請負の違いを説明しまくってます(^^ゞ
ちなみに、私が以前いた工場とはキャ〇ンの栃木の工場ではありませんのであしからず…
Posted by たんぼ at 2006年10月18日 18:48
初めまして。某企業先で請負の現場責任者をしてます。
僕が担当してる所では、基本的に僕が指揮命令を取る形になってますが
客先の社員が直接命令される事が当然ながらあります。
そりゃ、客先の従業員が何十年と培ってきてやっと出来た仕事を、他から
来た者が何の指導も無くやっていける訳がありません。もちろん指揮を
取る立場の僕もど素人な訳で、ちゃんとした指揮命令が出来るわけがあり
ません。
現場の従業員からは「俺らのやってる仕事は今問題になってる偽装請負
じゃないの?」とか言われたりもします。
労其に聞いてみた所では、一応OKみたいですが・・・
Posted by 所詮は奴隷 at 2006年10月18日 21:51
うぅ〜む…
今回のはなかなかに難しかったです(汗)。
しかし、人を使っている以上ウチの会社も
まったく関係ないわけじゃないんだよなぁ(大汗)。
Posted by Ash at 2006年10月20日 17:10
初めまして。      私は今、大手の工場(M形M下)で派遣社員として働いています。      その工場では、10月いっぱいでコラボレートの名前が消える(撤退?)そうです。300人以上は働いていると思います。これから派遣業界はどうなっていくのでしょうか?
Posted by くま at 2006年10月21日 16:45
>かびきちさん

どもども^^
きちゃいましたねwついにw
停止命令が出る前に求人締め切りがあったんでしょう。
ただ、行政の処分のないようをよく見ると
そう痛手にもならんきがしてならないです・・・。


>sibaさん

むちゃですね・・・。
偽装請負よりも二重派遣の方が実はきついんですよね。
それが二つもあるとは・・・。
技術系の現場ではよく見たりします。
ただ、ちょっとずつですが、是正の方向には向かっていますね。
Posted by としぞう at 2006年10月22日 16:38
>ENさん

現場をみていると
そう思わざるをえませんよね・・・。
うわさでは「請負に指揮命令できるよう法改正を!」
なんて声も聞こえてきます。
ますますわけがわからんようになりそうです。


>KENさん

サンクス!
今後ともよろしく!
Posted by としぞう at 2006年10月22日 16:40
>雅さん

現場(クライアント)自体が
まったくわかっていない所も少なくないです。
混同しがちな分、派遣元がしっかりしなきゃならんのですが、
どうしても「取引先>派遣会社」の力関係が
見え隠れしているのも現実かもしれません・・・。


>所詮は奴隷さん

そう、一応OKです。
でも、一応なんですよね。
厳密に「構内請負」をきっちりやろうとしたら
数年では無理なんですよね。
ということは、派遣で3年の縛りがある製造では
とても請負には切り替えできないことが多いんです。

現場の意見としては、法改正をせざるを得ない状況下に
あるような・・。難しいですけどね・・・。
Posted by としぞう at 2006年10月22日 16:44
>Ashさん

難しいですよね〜。
派遣とかだけではなく、
労働者と会社という問題でも
難しいんですから、更に会社が絡んで・・・。
勉強してもわからんことがいっぱいです・・・。


>くまさん

どうなるんでしょうね・・・。
線引きがちゃんとされ、勝ち負けがはっきりすると思います。
本来の「人材育成」というところがミソになりそうな気もします。
Posted by としぞう at 2006年10月22日 16:46
>たんぽさん

おっしゃる通りですね。
派遣先の人事がわかっていても
現場で理解されていないことも多いです。
派遣と請負の違いをちゃんと説明できる人って
派遣先にもほとんどいないんじゃないでしょうか?

もともと派遣法ができる前から
請負で(偽装請負)工場に人を入れていたところは
なおさらでしょうね・・・。(←かなりおおいけど)
Posted by としぞう at 2006年10月22日 16:49
としぞうさん。本当にそうなんです!
かなりの技術が必要で、その上とても危険な仕事なんです。
その上に、客先からしたら何十年もかけてその仕事をして
きた所に昨日今日入った、他から来た、それも橋にも棒に
も掛からない(僕を含めて)奴が入ってきたのが気に入ら
ないらしくまともに仕事も教えてくれないままでした。
当然ながら今でも不良を出すわ、怪我はするわで始末書を
何枚書いた事か・・・
もちろん、日々の生産や仕事のローテーションは僕が決めて
ますが、現場の社員から直接あーしろ、こーしろと言わる
事は勿論、言われの無い事で罵声を浴びさせらる事が多々
あります。
やっと一年が過ぎましたが、日に日にこの現場で仕事を続けて
いく自信が無くなってきています。
Posted by 所詮は奴隷 at 2006年10月22日 22:21
>所詮は奴隷さん

派遣元と派遣先の契約段階で
しっかりとしたものが無かったのかもしれません。
僕が担当している構内請負では、
うちの社員が指揮命令をし、取引先が聞いてくるレベルになりました。
そこまでおおよそ4年かかりましたが・・・。

細かい部分で調整は日々必要ですが、
今後より利益を上げられるよう、現場の指導をしていきたいです。

さて、その取引先の人。
問題があるようであれば、請負元を通して
きっちりと話をされたほうがいいかと思います。

古い考えの人、いまだに多いですからね・・・。
Posted by としぞう at 2006年10月24日 11:12
としぞうさん、ありがとうございます。
確かに請負先の社員も設備も、古いので困ったもんです。
客先も口では「改善の為に、些細な事でも」とは言って
ますが、こちらが言葉を発すれば「チクった」と・・・
かなりの大手会社なんですが、下請けに対しては酷いです
Posted by 所詮は奴隷 at 2006年10月25日 21:58
派遣も請負もどちらも有用な制度なのですが、
人件費の削減のためだけに利用されているので
労働者に不利な条件で契約せざるをえません。

私見ですが、
客先常駐なら派遣、自社で作業して納品するなら請負に
しなければならないなど明確な線引きをして、指揮命令と責任の
所在を明らかにする必要があると思います。
また、雇用形態に係わらず、同じ場所で同じ作業をしている者同士は
同じ賃金水準にすべきでしょう。
Posted by ちー at 2006年10月26日 13:15
>所詮は奴隷さん

下請けに対してきついところはいっぱいありますね。
それでも、働く人たちの為に何らかの形で提案し続けていかなくては。
しんどいですが、出来たときはおもしろいですよw

なんにせよ、難しいでしょうががんばってください!



>ちーさん

派遣・請負の法での線引きは明確でも
実際の現場再度で曖昧になりがちですよね。
さらにいうと、客ほしさに飛びつく派遣会社が
クライアントに曖昧のまま契約を結んでいるのも要因のひとつかも・・。

経費削減ではなくよりよいものづくりのための
手段であることが、今後の派遣会社に求められる気がします。

むずかしいですけどね・・・。
Posted by としぞう at 2006年10月26日 18:36
ちーさんの言う様に自社に持ち帰って出来るのであれば
可能かと思いますが、私の受け持ってる仕事は残念ながら
不可能です。賃金形態にしても同じ水準に出来るくらい
なら客先も請負会社を使わないと思います。

としぞうさんが言われてる通り「曖昧なまま契約」が一番
の原因ですね。それとよりよいもの作りの手段と言う事も
納得です。難しい所か・・・いっその事、不可能と客先に
言いたい時がありますが
Posted by 所詮は奴隷 at 2006年10月26日 20:54
>所詮は奴隷さん

言ってしまってもいいんではないでしょうか?
意見をぶつけて改善されるようであればいいですし、
それがダメなようなら見限るのも選択肢の一つです。
とにかく、現状のままだと誰かが負担を負わなければならないし、
それをフォローしていくのはとても大変なように思います。
Posted by としぞう at 2006年10月28日 17:45
としぞうさんの言う通りだと思います。
いっその事、クビを覚悟で言ってみようかなぁ・・・
それと何度もすみません。ありがとうございます。
Posted by 所詮は奴隷 at 2006年10月28日 19:13
こんにちは。
派遣と請負の違い・・・
ん〜、分かったような分からないような。
ニュースでは、請負という扱いで働いていたことを、本人が知らないってことがあって、なにか困ったことになってたというのを見たことがあります。
お金を得るために仕事は必要だけれど、
なるべく不利な立場では働きたくないものですね。
こういった面で、法律を知っておくことって、とっても大切なことなのかもって思いました。
Posted by アデコにゴー at 2007年09月15日 13:42